「新しい女子力」Google講演会&ワークショップの実施

 7月11日(水)、「共に生きる」スタディグループの活動の一環として、STUDY FOR TWOお茶大支部によるイベント「新しい女子力」Google講演会&ワークショップを開催しました。STUDY FOR TWOはいらなくなった教科書を大学内で回収・販売し、その収益をラオスの教育支援に充てている団体で、今年4月より「共に生きる」スタディグループのメンバーとして活動をしています。
 当イベントには計27名のお茶大生が参加してくれました。「女子力」と聞くと「料理上手」「気配り」といった言葉を連想することが多いですが、今回は「新しい女子力」として「グローバル人材として働き続ける力」「文系理系問わずICTを使いこなせる力」を磨くことをコンセプトとしました。
 イベントの前半はGoogle女性社員による講演が行われ、Googleのシニアマーケティングマネージャー根来香里さんに「グローバル企業で働く楽しさ」と「女性として働くこと」の2点についてお話していただきました。スピーチ後には、質疑応答の時間もありお茶大生も積極的に質問をしていました。また、後半ではGoogle社員によるGoogleツールワークショップを行い、ローカルマーケティング担当の吉原さんにGoogle+、ドキュメント、インスタントアップロード、Gmailについて教えていただき、実際に使ってみました。
 また、今回のイベント開催にあたり参加者の方にはいらなくなった教科書を寄附していただきました。寄附していただいた教科書は、後期以降大学内で販売を予定しております。ご協力ありがとうございました。

(生活科学部3年 浦田 雅子)

(当日の会場の様子)