活動概要 組織体制 各種制度・規則/様式 研究成果 Q&A

ページの本文です。

ごあいさつ

大学からの知の発信 -社会への還元を目指して-

 本学では、文教育学部、理学部、生活科学部の3学部と、文理融合型の大学院人間文化創成科学研究科において、特色ある研究と教育を実施して参りました。
 文教育学部では、人文科学科、言語文化学科、人間社会科学科、芸術・表現行動学科、グローバル文化学環において、人をとりまく社会環境から、個人の思想、心理、言語、文学、美術・音楽・舞踊といった多彩な分野で、学術的価値の創造とわが国の教育や社会環境の向上を目指した研究が実施されています。
 理学部では、数学科、物理学科、化学科、生物学科、情報科学科の5学科を基本として、特色ある基礎科学研究と共に、社会への貢献を目指した応用研究が実施されています。学科を横断した融合研究や、わが国の理数科教育の向上や社会の科学リテラシー向上のための研究と実践も、これまでに様々な成果を挙げて来ました。
 生活科学部は、食物栄養学科、人間・環境学科、人間生活学科から構成され、その名の通り、生活に根ざした学問分野において、人々の生活を豊かにするための様々な課題に取り組んでいます。2016年度からは、大学院に「生活工学専攻」が設置され、「生活の視点に立って人々の生活を豊かにするための工学」を目指した研究と教育が推進されます。
 本学は、「グローバル女性リーダーの育成」をミッションとして掲げ、女性たちの資質・能力の開発を目指した研究を重ねて参りましたが、2016年度から「人が一生を通じて心身ともに健康で幸せに暮らせるための社会構築」をミッションとして、文理融合型の『ヒューマンライフイノベーション開発研究機構』を立ち上げ、新たな価値の創造を目指します。
 本学の教育・研究が社会の課題解決のために役立つことを願い、努力を重ねて参りますので、今後共、皆さまのご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。


2016年8月

国立大学法人お茶の水女子大学長
室 伏 きみ子