利用細則 予約状況 運転状況 装置一覧

ページの本文です。

利用細則

共通機器センター利用細則

(趣旨)

1. この細則は、国立大学法人お茶の水女子大学共通機器センター規則第10条の規定に基づき、国立大学法人お茶の水女子大学共通機器センター(以下「センター」という。)が所管する実験機器等(以下「所管機器」という。)の利用に関し必要な事項を定める。

(利用者の資格)

2. 所管機器を利用することができる者は、次に掲げるとおりとする。
1. 本学の職員
2. 本学の学生
3. その他センター長が適当と認めた者

(利用の手続き)

3. 所管機器の利用を希望する者は、所定の利用申込書を機器取扱責任者を経て分室長に提出し、その許可を得なければならない。

(休業日及び利用時間)

4. センターの休業日は、次のとおりとする。
1. 日曜日、土曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日
2. 12月28日から1月4日まで
. その他センター長が特に必要と認めた日

センターの利用時間は、前項に規定する休業日以外の日の9時から17時までとする。

センター長がやむを得ない事情があると認めたときは、休業日または利用時間外にセンターを利用することができる。

(機器使用心得等)

5. 利用者は、所管機器毎に定められている「機器使用心得」を遵守しなければならない。

センター長は、所管機器の使用について必要と認めるときは、利用者に講習会を開催し、受講させるものとする。

利用者は、所管機器の使用を終了(中止を含む)したときは、使用状況等についてセンターの職員又は機器取扱責任者に報告しなければならない。

(利用許可の取消し)

6. 利用者がこの規定に違反したとき、またはセンターの運営に重大な支障を生じさせたときは、センター長は利用の途中であっても当該利用の許可を取り消すことができる。

(損害弁償)

7. 利用者の責に帰すべき事由により所管機器または設備等を滅失し、き損し、又は汚染したときは、利用者はその損害を弁償しなければならない。

(経費の負担)

8. 利用者は、センター長が別に定める経費を負担しなければならない。

9. この細則に定めるもののほか、センターの利用に関し必要な事項は、センター長が別に定める。

附則この細則は、平成16年4月1日から施行する。

  • facebook
  • twitter