お茶の水女子大学
比較日本学教育研究センター
シンポジウム
第1回 国際日本学シンポジウム  新しい日本学の構築 (1999年7月)
挨拶
−国際日本学専攻発足に思う− 徳丸吉彦
研究科長のことば 佐藤 保
喫科会
A 歴史の中の女性   司会:平野由紀子
平安貴族の婚姻と女性 胡 潔
江戸時代における武家女性の生活 吉田ゆり子
<女性作家>という職業 −明治20年台の場合− 菅 聡子
質疑応答
司会者のまとめ  
B ポスト2000年の日本語教育・研究   司会:長友和彦  
第2言語習得における第1言語の関り −日本語学習者の文章産出過程の分析から− 石橋玲子
外国人日本語教師研修
−国際交流基金日本語国際センターにおける海外日本語教師研修より−
久保田美子
日本語教育の新たな展開 野山 広
質疑応答  
司会者のまとめ  
C 日本文学と美術の交流   司会:秋山光文  
屏風歌とその周辺、絵画との関わり 劉 卿美
戯作の中の絵銭 腮尾尚子
川端文学と古美術 谷口幸代
質疑応答  
司会者のまとめ  
D 近代日本研究におけるアジア的視点  司会:小風秀雅  
日本はいつ「東洋」の国になったのか −トルコから見た近代日本とその位置づけ− ジェミール・アイドゥン
中国から見た近代日本 −満州国期を中心に− 井村哲郎
華僑から見た近代日本 −横浜華僑を中心に− 伊藤泉美
質疑応答  
司会者のまとめ  
E 日本文化としての服飾   司会:小池三枝  
王朝和歌に見られる服飾表現 −「からころも」について− 和田早苗
人情本にみる近代後期の服飾文化 −芝居、書画にかかわる趣向− 大久保尚子
明治の服飾における復古趣味 −「元祿」−について 根本由香
質疑応答  
司会者のまとめ  
F音楽・舞踏における相互連関   司会:徳丸吉彦  
台湾における日本の学校唱歌の教育 −1895-1945年の間に見られる唱歌教育の受容− 劉 麟玉
日本音楽におけるジャンルの相互関係 −長唄を例にして− 小塩さとみ
身体表現としての仏舞研究 遠藤綾乃
質疑応答  
司会者のまとめ  
供〜澗硫餤帖 嵜靴靴て本学構築のために」 司会:大口勇次郎・長友和彦 
第1部 過去の経験・現在抱えている問題・将来への提言  
問題提起 市古夏生
基調報告  
社会言語学と異文化コミュニケーション ヘレン・マリオット
私の日本歴史研究 −経験と今後の課題− アン・ウォルソール
元留学生からの提言 許 栄恩
フロアーからの発言  
ブラジルで教えて 鈴木泰
タイの国立大学における日本語学、日本文学に関する 研究データの状況と問題点 タウィペン・スンタラーチャーン
イタリアの日本研究事情 セレナ・ヴァラニ
日本語教育と私 水谷信子
第2部 「日本研究」支援のネットワーク  
基調報告  
日本語教育プログラムからの情報発信 −そのあり方と実現化に向けた問題点− 畑佐一味
関係諸機関担当者からの現状報告  
国立国語研究所日本語教育センターにおける日本語教育研究・事業について 中村康夫
学術情報センターのサービスと国際利用 宮澤 彰
フロアーからの発言  
お茶の水女子大学ネットワークの展望 大口勇次郎
総括と今後の課題 徳丸吉彦
掘仝開講演会  
日本の比較史 −大奥の場合− アン・ウォルソール
日本人留学生の学習パターン ヘレン・マリオット
韓国における日本語教育の現状 許 栄恩
日本語教育プログラム方の情報発信 −そのあり方と実現化に向けた問題点− 畑佐一味