国際教育センターについて 留学に興味のある方へ 留学が決定した方へ

ページの本文です。

センター長より

 

ともに生きる世界を生きるために、作るために

 

国際教育センター長 森山新

 

  

 世界は急速にグローバル化しており、もはや国境を超えることは当たり前のこととなっています。2020年にオリンピックが開かれる東京にはますます多くの人々が海外から訪れるでしょうし、社会は今、グローバル時代を生き抜き、リードする人材を必要としています。本学では日本人学生と留学生との交流型授業、海外の大学とのTV会議授業、留学生から外国語を学ぶ外国語講座などを通してキャンパスのグローバル化を推進、学生時代に国際交流の機会を日常的に体験できる環境を整えています。また、それをステップとして、夏と春の短期語学研修や短期プログラム、さらには半年〜1年間の長期留学(交換留学)と、3段階のグローバル人材育成プログラムを用意し、全ての学生がそれぞれのニーズに応じてグローバル力を強化できるようにしています。これからの世界が求めるグローバル人材となるために、国際教育センターは全力でサポートします。

 一方、国際情勢を見ると、国家間の関係はますます緊密化する中で、近年、世界はグローバル化の弊害の方が目につき、それが国々をよりナショナルな方向へと向かわせたり、異質な他者を排除したりする傾向が見られています。東アジアもその例外でなく、各国はナショナリズムをふりかざしながら対立の様相を深めています。このような対立、排除の構図を解消し、ともに生きる世界へと向かわせるためには、学生の一人一人が、インターナショナル、インターカルチュラルな視点に立ち、日常的に交流を深め、世界市民となっていくことが重要であろうかと思います。学内、または海外でセンターが実施する様々なプログラムは、学生たちにこうしたインターナショナル、インターカルチュラルな視点を育み、世界市民となることを教育面でサポートしています。

 学生の皆さん、国際教育センターとともに、グローバルな力、グローバルな世界を作り上げていきましょう。

  • facebook
  • twitter