教育拠点 実習等予定表 利用と材料提供 年報 活動紹介

ページの本文です。

公開臨海実習(平成29年3月)のお知らせ

2016年11月3日更新

1.授業科目  

公開臨海実習  2単位 (大学院、学部)  担当 清本正人

2.実施場所  

お茶の水女子大学湾岸生物教育研究センター(千葉県館山市香11)

3.実施期間  

平成29年3月13日(月)~3月18日(土)

4.対象学生  

国立・公立・私立大学の自然科学系に所属する大学院生
国立・公立・私立大学の生物学関連学科に所属する学部学生

 5.定  員  

20名

 6.担当教員  

清本正人、濱中玄、廣瀬慎美子(お茶の水女子大学湾岸生物教育研究センター)
並河洋(国立科学博物館動物研究部)
田中隼人(東京大学海洋アライアンス・海洋教育促進研究センター)
須之部友基(東京海洋大学水圏科学フィールド教育研究センタ
雨宮昭南(東京大学、お茶の水女子大学湾岸生物教育研究センター)

 7.実習内容  海産動物の自然史学的研究法

(3月は海の生き物の自然史学について各専門家から直接学べる実習です。)
多様な海産動物を採集し,観察や講義を通じて自然史学的研究法を学びます。

  • 潮間帯の磯の動物採集、小型ドレッジ・水中カメラによる底生動物の採集観察
  • 研究用標本として保存するための手法、海産動物の多様性と系統分類の講義
  • DNA情報を利用した動物の種同定の実習
  • プランクトン性の幼生のモデルとして、ウニの初期発生から五放射相称のウニ成体までの全生活史の観察
  • 複数の動物群の発生・幼生形態を観察しながら系統関係を考察する比較発生学

(最終日は12時に解散予定)

8.参加費用  

滞在費用は食事込みで1日2,000円程度

9.申込

詳しくは、11月中に各大学へ募集文書を送付します。それ以降に自大学の教務の係に確認してください。応募締切は1月20日(金)の予定です。

11.問合せ先

お茶の水女子大学湾岸生物教育研究センター
Tel: 0470-29-0838  Fax: 0470-20-9011
E-mail: kiyomoto.masato*ocha.ac.jp  (*は@に)
Web Site: http://www.cf.ocha.ac.jp/marine/index.html 

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加