教育拠点 実習等予定表 利用と材料提供 年報 活動紹介

ページの本文です。

東京湾口の豊かな生物相の体験的な理解から 生命の基盤を学び海との共生を目指す教育拠点

2016年8月23日更新

平成23年度より活動を続けて来た教育関係共同利用拠点に、再認定されました(平成28年度からの5年間)。
この拠点は、東京湾口の豊かな浅海性・深海性生物の生命環境にふれることから始まる、海の生物と環境についてのリアルで体験的な理解から、生命の基盤を学び海との共生を目指す教育を、共同利用拠点として公募により広く提供するものです。

共同利用の対象となるのは、大学等の教育機関が教育課程上の実習等(原則として単位を伴う教育)となります。

当センターが提供する教育内容は、海洋の生物と環境に関する専門的な実習、教養的な実習、理科教育に関した実習などです。利用大学の課程・目的にあわせ、これまで蓄積してきた内容から必要なものを組み合わせたオーダーメイド型の実習を構築します。
初めてご利用をお考えの場合は、申込・問合せ先より”ご相談フォーム”をまずお送りください。それをもとに内容や時期の調整を行います。”年間予定”より他の実習の状況もご確認下さい。

全国の大学の学生が応募できる公開臨海実習(9月と3月)の募集文書は、各大学の教務係へ発送しています。
各大学での実習・研究で使えるウニ卵などの海産バイオリソースも提供しています。
これらは湾岸センターのトップページでご案内しています。

イメージ図

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加