教育拠点 実習等予定表 利用と材料提供 年報 活動紹介

ページの本文です。

利用と材料提供

2016年8月23日更新

センターの利用について

 湾岸生物教育研究センターは学内外の教育研究に関わる方々に広く利用されています。実習、滞在研究、フィールド調査、ゼミなど、御利用になりたい方は、今年度の実習等予定表を御確認の上、清本までお問い合わせください。日程調整後、使用許可願を提出願います。

大学の実習、卒業研究や大学院生の研究利用については、教育拠点のページよりまず共同利用をお申し込みください。

材料の提供について

ウニ類を中心に海産生物の研究材料を提供しています。このほかの動物などについてはお問い合わせください。

提供可能なウニとその産卵期

ムラサキウニ 6月下旬~9月上旬

スカシカシパン 8月

バフンウニ(天然) 1月~3月
タコノマクラ 6月下旬~8月上旬 アカウニ 11月~12月

バフンウニ(産卵期調節) 7月~12月

申し込み方法: 材料提供依頼書をe-mailに添付してお送りください。 材料提供依頼書
輸送方法: 材料のためには、直接来所して運ぶことをお勧めします。1泊以上の時間をかけると、輸送中に放卵放精してしまう恐れがあります。それを了解の上で、宅配便などでの発送も可能です。発送作業は休日にはできませんので、平日の発送を前提に授業実験の計画をお願いします。
費用等:送料箱代のほか、動物の維持管理、購入などのためにかかる費用について、一部利用者負担をお願いしています。詳しくはお問い合わせください。

関連ファイル / Related Files

» zairyoirai14f(エクセル形式 49キロバイト)

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き、お茶の水女子大学のサイトを離れます)が必要です。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加