ランゲージ・スタディ・コモンズとは 外国語学習相談 外国語紹介 語学カフェ E-learning教材 アクセス

ページの本文です。

スペイン語の世界へようこそ

2018年2月5日更新

世界で約4億人の話者がいるスペイン語

スペイン サグラダファミリア教会の写真

スペイン語は、ヨーロッパの南西にあるイベリア半島の国、スペインで話されている言語ですが、それ以外に、メキシコやグアテマラ、コスタリカといった中米、またブラジルを除くアルゼンチンやコロンビア、ペルー、パラグアイなど中南米で、18カ国がスペイン語を公用語としています。また、近年アメリカ合衆国に住む「ヒスパニック系」と呼ばれる人たちの存在が、今では大統領選の行方にも関わってくることをニュースで耳にした人もいるでしょう。このようにスペイン語の言語地図は、広く中米、南米の大陸はもちろん、北米へもひろがっており、その結果、現在、スペイン語の話者は4億人ともいわれているのです。
この背景には、15世紀末のコロンブスの航海を契機とした、スペインのラテンアメリカ支配があります。スペイン帝国はその後、没落の一途を辿りますが、スペイン語は現在に至るまで共通の言語として残り、コミュニケーションの手段として重要な役割を果たしています。
現在、スペイン語はヨーロッパ連合領域内で公用語のひとつとなっています。また近年、ラテンアメリカ地域と日本との経済的な結びつきも増加していることでビジネスとしてのスペイン語の需要も高まっています。

ガウディの作品も見たい、コスタリカのエコツーリムズも行きたい。歴史と文化を探訪するためのスペイン語

観光としてのスペインなら、皆さんはどこに行ってみたいでしょうか。ピカソやゴヤ、ベラスケスといった巨匠たちの作品が集まる芸術の旅、あるいは19世紀の末から20世紀初頭にかけて活躍した建築家ガウディの作品群でしょうか。バルセロナを中心に点在するアントニ・ガウディの作品は、サグラダ・ファミリアを初めとして優美な曲線と大胆な建築構造で私たちを魅了します。
それとも711年にイベリア半島に侵入したイスラーム教徒たちが終焉を迎えた1492年、最後の砦としたグラナダのアルハンブラ宮殿でしょうか。独特の馬蹄形のアーチ、水鏡の技法が美しい庭園、扉を彩るアラベスク文様の緻密さと洗練された意匠は、私たちに全く異なった美のありようを見せてくれます。
いや、やはりスペインといえばサッカーでしょうか。この目でレアル・マドリードとFCバルセロナのクラシコ対決を見に行く!というのもサッカー好きならば是非一度は実現したいものです。
いっぽう、ラテンアメリカに目を転ずれば、スペインが侵入するはるか以前にマヤやインカ、あるいはアステカといったすぐれた文明がすでにあり、ピラミッドや数々の文化遺産を訪ねて、高度な文明の足跡と先人たち夢の一端をたどることができます。ペルーの高地にあるマチュピチュ遺跡は、19世紀末に発見されるまで、ひっそりとその姿を留めていましたが、未だに多くの謎に包まれています。そしてどうしてあんなに大きな、様々な絵が描かれたのだろうと考えずにはいられないナスカの地上絵もまた、先住民族の豊かな文化のひとつです。このような古代文明の遺跡を訪ねるだけでなく、現代の旅もまた魅力的です。コスタリカは、エコツーリズムの発祥の地とされていますが、豊かな自然環境で生息する極彩色の鳥たちの姿を目にし、声に耳を傾けて、しばし自然の一員となる経験も得がたいでしょう。

スペイン語はどんな言語?

メキシコのピラミッドの写真

口語ラテン語を起源とするロマンス語系の言語であるスペイン語は、イタリア語やフランス語、ポルトガル語などと共通した言語構造をもっています。英語と最も違うのは、動詞が主語に合わせて変化する「活用」ですが、文法構造を理解しつつ基礎を固めていくことで、運用ができるようになっていきます。発音がしやすいこともスペイン語の特長でしょう。そしてスペイン語が理解できるようになると、ほかのロマンス語系の言語も意味の類推ができるようになるだけでなく、全く同じ単語もあるのに気づくでしょう。スペイン語圏でなにか興味があることを見つけたら、まずは言語を通して近づいてみてください。
スペイン語の勉強でオススメなのは、テキストを声を出して読むことです。アクセントの位置や文章の抑揚などは、読んでいくうちに身についていくものです。なにしろ発音はやさしいのですから。文法の練習問題も繰り返し行ってください。最初は覚えることばかりで大変ですが、正しい基礎知識をもつことが大切です。またNHKのラジオやテレビの放送も役に立つでしょう。こういった視聴覚番組は、1年間の授業が終わった後でも、復習を兼ねて親しむことができますし、新しい文法事項を学ぶこともできるでしょう。さらにスペイン語を維持したいなら、東京外国語大学(TUFS)の言語モジュールも活用するとよいと思います。TUFS言語モジュール(東京外国語大学21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」)はこちら
そして活字を通してスペインやラテンアメリカの政治・文化に積極的に取り組みたい人は、新聞社のwebサイトにアクセスすると、その日のニュースを読むことができます。例えばスペインの新聞EL PAÍSならhttp://elpais.com/
あなたも4億人の話者の一人となって、さまざまな分野でスペイン語を活用してください。
(文責:磯山久美子)

関連リンク / Related Links

»スペイン語 español

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter