国際教育センターについて 留学に興味のある方へ 留学が決定した方へ

ページの本文です。

留学に興味のある方へ

お茶大の留学プログラムについて

お茶の水女子大学国際教育センターでは、「長期留学」「短期留学」「認定留学(SAF)」の3つのプログラムを提供し、「海外インターンシップ」プログラムの紹介をしています。

長期留学とは通年(一学事年度)または半期(一学期)のプログラムであり、国際教育センターでは主に協定校に留学する交換留学を紹介しています。「その国の文化を学びたい」「興味のある分野・専門分野を海外で勉強したい」「お茶大に無い専攻を海外で勉強したい」「長期間の滞在で視野を広めたい」「現地の学生と共に学びたい」という場合に向いています。まずは海外短期研修で語学力に自信をつけて、それから交換留学に挑戦するというのもおすすめです。

また、「海外に行ったことがない」「語学力に自信がない」「カリキュラムを崩すことなく留学したい」「語学力に磨きをかけたい」という学生には、 本学の長期休暇を利用した2週間から6週間程度の短期留学が最適です。短期留学がきっかけで、長期留学や国際系のインターンシップやボランティアに参加するケースも多いです。

その他、多様な留学先の選択肢を幅広く提供するため、本学と協定をもつ大学への交換留学制度に加え、提携機関である「Study Abroad Foundation(SAF)」を通じた認定留学制度も用意しています。お茶大の協定大学以外の留学先を希望する学生は、加盟大学への認定留学制度を検討してみてください。交換留学とは異なり相手大学の授業料が発生するなど多少の費用をかけてでも「名門大学の学部の授業を履修したい」「大学付属の語学力センターで語学力を身に着けてから学部の授業を履修したい」「学部の授業とインターンシップを組み合わせたプログラムがいい」という学生は是非検討してください。

大学4年間で何を勉強するか、語学力を含めてどんなスキルを身につけるかをよく考え、目標達成に役立つ留学を計画しましょう。

長期留学

短期留学

認定留学(SAF)

海外インターンシップ・ボランティア

  • facebook
  • twitter