センター紹介 留学生教育 国際交流 留学生相談 イベント

ページの本文です。

留学生相談

留学生相談活動について

2001年4月に発足したお茶の水女子大学留学生センター(2005年4月からは国際教育センター)は、2008年度からはグローバル教育センターに移行しました。留学生の留学生相談体制については現在、250名あまりの留学生が在籍していますが、全学の留学生が留学目的を果たせるように、教員と相談室チューターが連携をしながら、研究、勉学、留学生相談面での心理教育的援助活動を行っています。

[⇒留学生相談活動についての詳細]

留学生相談室について

留学生の相談については、月曜日から金曜日まで共通講義棟3号館5階の留学生相談室で午前10時から午後5時まで、各大学院研究科から選考された学生チューターが相談に当たっています。学生チューターは、日本語学習支援、新入留学生への情報提供や生活支援、徽音祭への留学生との共同参加など様々な活動を行っています。相談室内には、パソコンが常備されておりインターネットの利用も可能です。隣には学生が談話できるスペースがあり、昼休みには自由に学生が交流できるようになっています。

充実した学生生活が過ごせるように専任教員による〔別途学内掲示参照〕学生の個別相談にも応じています。さらに、留学生相談室の学生チューターに対しては、相談を行う上での助言や研修も行っています。

[⇒留学生相談室についての詳細]