研究所紹介リーダーシップ教育研究ダイバーシティ推進比較日本学教育研究イベント刊行物研究所へお問合せ

ページの本文です。

授業・講演会

授業・講演会

ページ内リンク: ・各年度講義一覧

お茶の水女子大学論

本講座では、学部生がお茶の水女子大学の歴史と現在を学ぶことを通して、本学の教育カリキュラムを自律的に選択し、授業を有効に活用し、社会のさまざまな場面でリーダーシップを発揮する人間として成長することを目指します。これは主に1年生を対象とした講座です。
○主たる構成要素: 学長によるオリエンテーション、お茶大の歴史・社会的役割、卒業生ロールモデルの講演、リーダーシップ講演会

女性リーダーへの道(入門編)

本講座では、着装・色の効果(視覚情報)、自分の声・話し方(聴覚情報)、話す内容(言語情報)など、学部生が多面的にコミュニケーションを捉えることを通して、自分が外面的に発信しているメッセージの自覚をもち、自分らしいコミュニケーションスタイルを確立することを目指します。
○主たる構成要素: パーソナル・ブランディング、セルフコーチング、ファシリテーション、ネットワーク論

女性リーダーへの道(実践入門編)

本講座では、学部生が企業から提示された課題を解決する仮想プロジェクトに取り組み、その問題解決のプロセスを通して、企画立案力およびプレゼンテーション・スキルを向上させることを目指します。授業形態は基本的にグループワークです。
○主たる構成要素: アクティブ・ラーニング、ブレインストーミング、グローバルリーダーの素養について考える

女性リーダーへの道(ロールモデル入門編)

金融・財務に関する基礎知識は、リーダーとして社会で活躍する人間にとって必須です。本講座では、学部生が金融・経済に関する具体的な見方・考え方を身につけ、新聞・Webなどのメディアから自分で情報を収集できるようになることを目指します。これによって、学生が将来的にロールモデルとして活躍する資質を伸ばします。
○主たる構成要素: 金融・経済の基本的な仕組みを具体的に学ぶ講義、金融・経済の第一線で活躍中のトップクラスの人々による講義

アカデミック女性リーダーへの道(実践編)

この授業では、大学院生の研究企画、資金調達およびプレゼンテーションのための技能の向上を目標としています。
○主たる構成要素: 日本学術振興会特別研究員の申請書作成トレーニング、経験者(教員等)からの助言、プレゼンテーション講座

グローバル女性リーダー特論

2012年度からはじまった本講座は、大学院生(博士前期・後期)、ポストドクター、社会人女性を対象に、高度なキャリア開発教育、リーダーシップ養成教育を行うことを目的としています。実社会の多様なニーズを踏まえた発想や国際的な幅広い視野を身に着けた人材の育成と生涯教育という観点から、グローバル女性リーダーの育成のための教育を行います。授業形態はグループワークや講義、プレゼンテーションなど様々です。
これまでに、異文化理解を深める「基礎編」、キャリアデザインを考えるための「実践編」「ロールモデル編」、リーダーシップについて討論する「応用編」などを実施・企画しています。

働く女性の権利と地位

戦後の日本において、女性は、家事・育児等の責任者という役割に加えて、労働市場や地域コミュニティを支える社会的な存在として期待されています。この授業では、「女性の労働」を切り口に、現代の女性と男性のライフコース選択に関わる諸問題について考え、自分の将来の職業生活を展望することを目的とします。

各年度講義一覧

  • 26年度一覧
  • 25年度一覧
  • 24年度一覧
  • 23年度一覧
  • 22年度一覧