研究所紹介リーダーシップ教育研究ダイバーシティ推進比較日本学教育研究イベント刊行物研究所へお問合せ

ページの本文です。

使命と理念

グローバルリーダーシップ研究所の使命

2015年4月、本学のミッションであるグローバル女性リーダー育成機能を更に強化するため、「グローバル女性リーダー育成研究機構」を新設いたしました。これまで本学のリーダーシップ養成に関する研究及び教育の拠点であり、男女共同参画推進の実施組織であるリーダーシップ養成教育研究センターを発展的に改組し、「グローバルリーダーシップ研究所」として、グローバル女性リーダー育成研究機構内に設置いたしました。

本学は、およそ140年にわたる女子高等師範学校以来の伝統を現代に生かし、グローバルな視野をもって多方面に活躍する女性リーダーの育成を使命としております。このようなリーダーを育てるために、本研究所では、カリキュラム開発を進め、リーダーシップ育成を目的とする科目群を設置するとともに、学生海外派遣プログラムの実施、リーダーシップに関するシンポジウム、講演会の開催をはじめとするさまざまな事業を行っています。また、キャリアアップを目指す社会人女性を対象とした生涯教育講座も実施しています。これらの実践とあわせ、今日の社会経済的な状況、国際的な動向に対応する女性リーダーシップ論並びにその育成にかかる理論研究を国内外の教育研究機関等との連携を強めながら、展開してまいります。
また、本研究所は、本学が全国に先駆けて設置した、男女共同参画を推進する全学的組織である男女共同参画推進本部の実働組織になります。本学では、女性研究者支援の取組を進めるとともに、ダイバーシティが尊重される社会の実現のために、男女問わず多様な働き方が可能となる職場の環境づくりに取り組んでおります。このような女性研究者支援、雇用環境整備の実績を踏まえ、教育研究機関の雇用環境整備評価指標を開発し、お茶大インデックスとして発信しています。また、2012年度からは、本学独自の特別研究員(呼称:みがかずば研究員)制度を導入し、優れた女性研究者の継続的な研究活動や研究中断後の円滑な復帰を支援しております。これらの事業の中核を担うのが本研究所です。

本研究所は、女性リーダーを育成して、女性の国際的、社会的活躍を促進、加速させるとともに、国立の女子大学としての本学の使命である男女共同参画社会の実現に寄与してまいります。

グローバルリーダーシップ研究所長 塚田 和美

国立大学法人お茶の水女子大学グローバルリーダーシップ研究所規則(新しいウインドウが開きます)
国立大学法人お茶の水女子大学グローバル女性リーダー育成研究機構規則(新しいウインドウが開きます)

研究所の業務

当研究所は、以下(1)、(2)に掲げる事項を主な目的及び業務としており、それらに基づいて(3)、(4)に例示する事業等を展開しております。

(1)目的

研究所は、グローバル女性リーダー育成研究機構に附属する研究所として、リーダーシップ養成に関する総合的、国際的な研究及び調査を行うとともに、教育を通じてリーダーシップ養成に関わる研究者の育成に資することを目的とする。

(2)研究及び業務

研究所は、前条の目的を達成するため、次に掲げる研究及び業務を行う。
(1) リーダーシップ養成に関する研究及び教育
(2) リーダーシップ養成に関する情報の国際的収集及び提供
(3) その他前条の目的を達成するために必要な業務

(3)現在展開している事業

グローバル女性リーダー育成カリキュラムに基づく教育実践と新たな女性リーダーシップ論の発信(文部科学省特別経費(国立大学機能強化分))

(4)過去に展開した事業

工学系女性研究者活動支援事業平成26年度~28年度 「工学系女性研究者比率向上の好循環モデル」の構築を目指して (文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業(連携型)」)(新しいウインドウが開きます)

スペシャルタナーレクチャー平成28年5月18日 スペシャルタナーレクチャー : 21世紀の女性の生き方(新しいウインドウが開きます)


平成22年度~平成26年度 女性リーダーを創出する国際拠点の形成(文科省特別教育研究経費)
平成18年度~平成21年度 女性リーダー育成プログラム(文部科学省特別教育研究経費)
平成18年度~平成21年度 女性研究者に適合した雇用環境モデルの構築(科学技術振興調整費)(新しいウインドウが開きます)
平成20年度 若手研究者インターナショナル・トレーニングプログラム(ITP)(日本学術振興会)(新しいウインドウが開きます)

migakazubaリーダー育成理念

140年のリーダー育成理念を体系化

「みがかずば」とは、たゆまぬ自己研鑽の精神。

「みがかずば」とは、たゆまぬ自己研鑽の精神。お茶の水女子大学の前身である東京女子師範学校設立時(1875年)に、昭憲皇太后から和歌「みがかずば」が下賜されました。本学の校歌となり、現在も歌い継がれています。
この歌では、学問の道を究めるため常に努力を怠らない姿勢を、宝石や鏡を磨くという行為になぞらえています。この精神の醸成は、現在でもお茶の水女子大学の教育理念の根幹を成しています。

ロゴデザイン意図 ~可能性を秘めた原石~

みがかずばロゴ体のデザインおよびオリジナルロゴは、「みがかずば」の精神によって育まれる、知性としなやかさ、心遣いを兼ね備えたリーダー像をイメージし、直線と曲線を効果的に融合させたものになっています。
背景の多角形は、さまざまな可能性を秘めた原石、すなわち本学で学ぶ人を表します。
その上に描かれた曲線は、「みがかずば」の「 Mi 」と、これからの時代のリーダーが実践すべき「 Make a Difference 」の「 M 」をモチーフとし、原石である自分自身を磨き、高め続ける姿勢を表現しています。

「Make a Difference」という生き方。

玉もかがみも、みがくことで輝きます。それは人間も社会も同じ。みがくことで、変わらないと思っていることすら変わるかも知れません。一人では不可能でも、力を合わせれば変えられることもあります。 「みがかずば」の先にあるのは、自分自身、そして身近なところから社会までも変えていく「Make a Difference」の実践。常に問題意識を持ち、自ら積極的に周囲に働きかけ、社会に変革をもたらす、新しい時代のリーダーへ。
それは決して難しいことではありません。問題意識を持ちながら自分本来の能力を見出し磨くことによって、誰もがなれるものなのです。

migakazubaコンピタンス体系

「 Make a Difference 」実践のために

「 Make a Difference 」の実践には、

  • 心遣い (自分と異なる意見も尊重し他者に配慮できること)、
  • 知性 (問題を適確に捉え解決すること)、
  • しなやかさ(難しい局面にも自信を持って柔軟に対応できること)

という3つの特性が重要です。

そこで必要なのは、創造性豊かな発想と多面的な思考力のスキル、存在感を示し議論や提案の場で的確に表現するスキル、そして仲間や周囲と協力しその力を引き出す組織化のスキル。
在学中にそれらをぜひ身に付けてほしいのです。

「 Make a Difference 」を実践できるリーダーへ。
そのためのコンピタンス体系がお茶の水女子大学にはあります。

この「みがかずば」の精神をバイブル(日本語英語)としてまとめ、生涯にわたる行動指針となるよう、入学式で新入生に配布しています。

migakazubaコンピタンス体系

migakazubaカリキュラム

 MiLeキャリアデザインプログラム ――Make a Differenceのコンピテンシー養成

 授業や研究を中心として、学生生活のすべてが「Make a Difference」を起こせる女性への成長の場ですが、自分のキャリアビジョンを持ち、その実現のために必要なコンピテンシーを身につける道筋を示すために、MiLeキャリアデザインプログラムを提供しています。MileはMigakazuba Leadershipの略です。

Mileキャリアデザインプログラム
MiLeキャリアデザインプログラム体系図 

主として1年生が履修する「お茶の水女子大学論」が、入学前のマインドセットを自省し、自らのキャリアをデザインし、社会においてリーダーシップを発揮するための基礎となります。その上に、キャリアスキル、キャリアプランニング、キャリアナレッジに区分された科目(緩やかに基礎から発展へと配置される)を配し、「協働」、「双方向」、「自律」の3コンピテンシーを身につけられる構成となっています。その上で、学んだことを形にしたり、実践したりする機会を正規の科目や課外の活動で体験します。科目群の中から6単位以上を取得し、「実践・アウトカム」の科目・実践を行えばプログラム修了となります。

MiLeキャリアデザインプログラムでは、コンピテンシーを自己診断して、自らの強みと弱みを知り、学修プラン作成やキャリア選択に役立てられるように、コンピテンシー評価プログラムを提供しています。

MiLeキャリアデザインプログラムの授業科目やコンピテンシー評価プログラムの詳細については、学生・キャリア支援センターのページをご覧ください。 http://www.cf.ocha.ac.jp/career/j/menu/education/index.html