研究所紹介リーダーシップ教育研究ダイバーシティ推進比較日本学教育研究イベント刊行物研究所へお問合せ

ページの本文です。

WLB推進活動

  ワーク・ライフ・バランスに配慮した研究環境を整備するために、以下の取組を実施しています。

1)男女共同参画宣言
本学の歴史的使命と社会的要請を踏まえ、基本方針にもとづき、男女共同参画を推進し、男女共同参画社会実現のため積極的に寄与することを宣言しています。内容は大学ホームページ(http://www.ocha.ac.jp/danjo/info/declaration.html)をご覧ください。

2)ポジティブ・アクションの策定
政府全体の目標を踏まえ、本学における現状把握や分析に基づく「女性教職員の採用及び管理職への登用に係る目標の設定」及び「具体的な取組」を推進するとともに、勤務環境の整備等を図り、男女共同参画社会の実現に資することを目的とした男女共同参画推進のためのポジティブ・アクションを策定しています。

3)女性活躍推進対策行動計画を策定
女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づき、すべての職員が仕事で能力を十分に発揮するとともに、仕事と家庭を両立できる働きやすい職場環境を作るために女性活躍推進対策行動計画を策定しています。内容は本学ホームページ(http://www.ocha.ac.jp/introduction/publication/n-gene-plan.html)に掲載しています。

4)女性の活躍に関する情報の掲載
本学における労働者に占める女性労働者の割合について、本学ホームページ(http://www.ocha.ac.jp/introduction/publication/n-gene-late2802.html)に雇用管理区分による内訳を掲載しています。

5)女性役員、管理職登用目標割合の公表
国立大学法人としての公表事項として、本学が設定した女性役員、管理職登用目標の割合を本学ホームページ(http://www.ocha.ac.jp/introduction/publication/list.html)に掲載しています。

6)次世代育成支援対策行動計画を策定
職員が仕事と子育てを両立させながら働きやすい環境をつくると共に、すべての職員がその能力を十分に発揮できる計画を策定しています。内容は本学ホームページ(http://www.ocha.ac.jp/introduction/publication/n-gene.html)に掲載しています。

7)次世代認定マーク「くるみん」を取得
お茶の水女子大学は、平成25年2月14日付けで東京労働局より次世代育成支援対策推進法(第13条)に基づく基準適合一般事業主に認定され、次世代認定マーク「くるみん」を取得しています。

8)お茶の水女子大学の「ワーク・ライフ・バランス」の支援活動の配信
本学のリーダーシップ養成教育研究センターが内閣府の「カエルの星」として認定されたことに伴い、2013年3月7日より政府インターネットテレビにおいて本学の「ワーク・ライフ・バランス」の支援活動の内容(http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg7665.html(新しいウインドウが開きます))が配信されています。

9)一時保育サポート
2011年度より、土・日・祝の全学的行事や入試業務日に臨時託児室を開設し、本学教職員の子どもの一時預かりを実施しています。

10)教育研究機関における雇用環境評価
「お茶大インデックス」は、研究教育機関における雇用環境の自己評価指標(働きやすい雇用環境を構築するためのチェックシート)であり、本学の「女性研究者支援モデル育成」事業(2006年度~2008年度)の成果の一部として開発したものです。

詳しくは「「お茶大インデックス」を用いた教育研究機関の雇用環境評価」をご覧ください。

  • facebook
  • twitter