事業概要 お茶の水女子大学のプログラム お問合せ English

ページの本文です。

「女性起業家と企業のマッチングを学ぶ」を開催

2018年3月23日更新

 2018年2月15日(木)、イトーキ東京イノベーションセンターSYNQAにおいて、内閣府との共催お茶大&Global Tech Edge Next連携企画「女性起業家と企業のマッチングを学ぶ」(内閣府&J300 実行委員会等共催「企業×女性起業家マッチングイベント」第一部)が開催されました。トークセッション①では、「女性起業家と取引企業によるコラボレーション事例紹介」をテーマに、実際にコラボ事業を行った女性起業家3名と取引企業の担当者が登壇し、香り、花壇などの事例の紹介、コラボならではの強みや苦労、今後の展開などについてのトークが繰り広げられました。続く②では、「全国各地で活躍する女性起業家の取組紹介」をテーマとし、和傘、地域振興、お見舞い品など様々なジャンルで活躍する女性起業家5名が登壇しました。事業紹介や、事業を始めたきっかけ、ターゲティング、大企業とのコラボについてなど、具体的な事例を交えた話を、200名をこえる参加者が聞き入りました。

 午後の第二部では、女性起業家による大手企業へのプレゼンテーションが行われました。事前に参加企業が指定したテーマに対し、3分間という短い時間の中で、女性起業家が課題解決や新サービスの提案を行うという形式で、それぞれが熱のこもったプレゼンを披露。「もっと詳しく聞きたい」と企業からオファーを受けた起業家は34.7%に上り、今年も高いマッチング成果となりました。

 夕方には引き続きJ300の女性起業家コラボパーティーが開かれ、起業家たちが情報交換を行うなど、盛会のうちに終了しました。企業と女性起業家、また女性起業家同士を繋ぐ「運命の赤い糸」イベントとして、参加者からも「有意義な機会だった」との声が多く寄せられました。 (文教育学部4年、村田美七海記)

トークセッション トークセッション①

スタッフ 企画運営者横田響子氏と運営スタッフのお茶大生・お茶大OG

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加