センター紹介 留学生教育 国際交流 留学生日本語学習支援・交流室 これまでの取り組み

ページの本文です。

センター長より

国際教育センター長 工藤 和恵   

cie-2023最近、コロナ禍が収束しつつあり、国際交流が再び活発化しています。そのなかで、国際教育センターが果たすべき役割は重要であると思います。

国際教育センターは、留学生の受入、留学派遣、EDIプログラムの3つの重要な業務を担当しています。これらの業務を通じて、異なる文化、言語、バックグラウンドを持つ人々との交流と協力を促進し、国際的な理解を深める機会を提供しています。この役割は、今後ますます重要になるでしょう。

このたび私は、国際教育センターのセンター長に、理系教員として初めて就任いたしました。国際交流は文理の別なく重要ですが、学科や分野によって事情はさまざまです。たとえば、理系の分野では、国際的な共同研究や学会への参加が特に重要です。一方で、文系の分野では、国際交流が言語や文化の理解を深め、異なる視点からの知識を取り入れる機会となります。

いずれにしても国際交流は、文理を問わず、教育においても研究においても価値のある経験であることはたしかです。国際教育センターで、国際交流の活動を積極的にサポートしていけるよう、努めていきます。どうぞよろしくお願いします。