研究所紹介リーダーシップ教育研究ダイバーシティ推進イベント刊行物研究所へお問合せ

ページの本文です。

【オンライン】12/16国際シンポジウム開催のお知らせ

2021年12月7日更新

12/16国際シンポジウム

「インドおよびインドネシアにおける女性リーダー:課題とエンパワメント戦略の観点から」
Challenges and Key Empowerment Strategies for Women Leaders in India and Indonesia.

20211216国際シンポジウムポスター
PDFはこちら

2021年の世界経済フォーラムの報告によれば、世界ジェンダーギャップ指数において156か国中、インドネシアは101位、日本は120位、インドは140位です。この結果は、これらの国々における女性の社会への参画について多くの課題があることを示しています。

女性は、リーダーとしてのアイデンティティを受け入れ、人々からリーダーとして認められるために多くの困難に直面しています。これまで多くの研究者がこの問題に取り組んできましたが、アイデンティティの発達は人生の早い段階で始まり、そこにリーダーとしてアイデンティティやケア提供者として(妻や母親として)のアイデンティティの発達も含まれることは充分に理解されていません。

グローバルリーダーシップ研究所では、本学特別招聘教授コリーナ・リアントプトラ教授の企画による国際シンポジウムを開催いたします。本シンポジウムでは、インドとインドネシアという国を対象にして、女性リーダー育成のための課題と鍵となるエンパワーメント戦略に関する研究成果を発表します。具体的には父親の存在をはじめとする家族や文化、教育の影響、そしてメンターの役割などについて議論します。皆様どうぞ奮ってご参加ください。

日時:2021年12月16日(木) 9:00〜11:00(日本時間)
               7:00〜9:00(インドネシア西部時間 [ジャカルタ])
               12.15 Wed. 19:00〜21:00 (米国東部標準時 [フィラデルフィア])
オンライン開催:Zoom Webinar  申し込みはこちらから
対象:学生、教職員、一般(参加費無料・事前申込制)
使用言語:日本語・英語(日英同時通訳あり)
 *どなたでもご参加いただけます。ただし事前申込をお願いします。

プログラム

開会(9:00-9:05
司会:本林響子 [お茶の水女子大学 准教授/グローバルリーダーシップ研究所 副研究所長]
開会挨拶(9:05-9:15)

石井クンツ昌子 [お茶の水女子大学理事・副学長/グローバルリーダーシップ育成研究機構長]

ヌニン・アフマディ 駐日インドネシア大使夫人
休憩(9:15-9:20)
発表(9:20-10:20)各20分(詳細はこちらをご覧ください。)
ラジャシ・ゴシュ [ドレクセル大学 (米国)准教授] “Challenging the Gendered Norms of Leadership: Implications for Indian Women Leaders”
リサティアンティ・コロパキング [シャリフ・ヒダヤトゥラー国立イスラム大学(インドネシア)講師] Posyandu Cadre: Empowering Indonesian Women Leaders in Community-based Healthcare”
ノルタミ・スーダルソノ [インドネシア大学(インドネシア) 講師] “Women in Higher Education: Leading across Disciplines and Cultures”
討論(10:20-10:35)

ディスカッサント:コリーナ・リアントプトラ [グローバルリーダーシップ研究所特別招聘教授/インドネシア大学准教授]

質疑応答(10:35-10:55)
司会&参加者
閉会の挨拶(10:55-11:00)
本林響子 [お茶の水女子大学 准教授/グローバルリーダーシップ研究所 副研究所長]

登壇者紹介

■ラジャシ・ゴシュ [ドレクセル大学 (米国)准教授]

米国ドレクセル大学教育学部准教授。専門は人的資源開発研究。同大学政策・組織・リーダーシップ学科長、生涯学習室共同リーダー。現在はHuman Resource Development International (HRDI)誌の編集者として活躍。今回の講演では、インドの女性リーダーに関する研究を紹介する予定。

■リサティアンティ・コロパキング [シャリフ・ヒダヤトゥラー国立イスラム大学(インドネシア)講師]

インドネシア最古のイスラム大学であるシャリフ・ヒダヤトゥラー・国立イスラム大学心理学部にて講師を務める。医療保険分野における研究およびコンサルティングに従事。現在は、インド、インドネシア、ネパールでの発育阻害に関する国際的研究に参加。 今回の講演では、インドネシアの農村部の保健環境における女性リーダーについての研究結果を紹介。

■ノルタミ・スーダルソノ [インドネシア大学(インドネシア) 講師]

インドネシア大学歯学部講師、同大学副学長(研究・イノベーション・コミュニティ参画担当)。東京医科歯科大学大学院で博士号を取得。現在はインドネシア大学の研究・イノベーション担当の副学長を務める。今回の講演では、教育現場での女性リーダーとしての自身の経験を紹介。

■コリーナ・リアントプトラ [グローバルリーダーシップ研究所特別招聘教授/インドネシア大学准教授]

お茶の水女子大学グローバルリーダーシップ研究所特別招聘教授、インドネシア大学心理学部准教授。専門分野はリーダーシップ研究、心理学、組織行動論。「グローバル・リーダーシップと組織行動の有効性」(2020-2021)、「再教育・スキル向上に関する心理・社会文化的要素に関する研究」(2019-2020)等、様々な国際共同研究にて中核的役割を担う。2021年度後期本学においてリーダーシップ研究・教育を担当。

■司会 本林響子[お茶の水女子大学准教授・グローバルリーダーシップ研究所 副研究所長]

関連ファイル / Related Files

» 20211216国際シンポジウムポスター(PDF形式 980キロバイト)

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き、お茶の水女子大学のサイトを離れます)が必要です。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加