研究所紹介リーダーシップ教育研究ダイバーシティ推進比較日本学教育研究イベント刊行物研究所へお問合せ

ページの本文です。

オンライン特別講義 Different cultures in the East Asia and different responses to the COVID-19 開催のお知らせ

2021年6月15日更新

オンライン特別講義
第10回グローバルリーダーシップ研究所オンラインセミナー

Different cultures in the East Asia and different responses to the COVID-19

私たちの生活を一変させた新型コロナウイルス(COVID-19)に対して、これまで各国が異なる対応をとってきました。

今回は、社会学のエキスパートであるDr. Ik Ki KIMを特別講師としてお迎えして、東アジア(中国・韓国・日本)の文化的差異およびそれに基づくコロナ対応についてお話しいただきます。

Dr. Ik Ki KIMの特別講義はSung-Nam CHO特別招聘教授の大学院授業「リーダーシップ国際演習I」の一環として開催されますが、本授業を履修していない学生及び教職員の皆様にもご参加頂けます。貴重な機会ですので奮ってご参加ください。

【日時】2021年6月22日(火)13:20~14:50
【使用言語】英語
【対象】本学学生・教職員
【開催方法】オンライン開催(Zoom)
【申込】要事前申込み(申込み締め切り:6月22日午前11時)申し込みはこちら
【お問合せ先・主催】グローバルリーダーシップ研究所 E-mail:IGL-seminar@cc.ocha.ac.jp

Dr. Ik Ki KIM 略歴

韓国 ソウル大学校卒業後、米国 サウスカロライナ大学で修士号(社会学)、米国 ミシガン大学で博士号(社会学)を取得。30年にわたり、韓国 東国大学校の教授を務める。米国・中国・日本の大学での客員研究員や客員教授を歴任し、現在は、中国人民大学の非常勤教授、The Institute for Asia Strategyの所長、East Asia Welfare Institute of Older Personsの所長として活躍。

関連ファイル / Related Files

» Dr.Ik Ki KIM特別講義ポスター20210622(PDF形式 486キロバイト)

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き、お茶の水女子大学のサイトを離れます)が必要です。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加