研究所紹介リーダーシップ教育研究ダイバーシティ推進比較日本学教育研究イベント刊行物研究所へお問合せ

ページの本文です。

学長カンファレンス お茶の水女子大学×梨花女子大学校 「明日へ ―グローバル女性リーダー育成のためのビジョン―」

2021年11月1日更新

学長カンファレンス お茶の水女子大学×梨花女子大学校

「明日へ ―グローバル女性リーダー育成のためのビジョン―」

学長カンファレンスポスター_20211201
PDFはこちら

【日時】2021年12月1日(水)15:00~17:15
【対象】学⽣、教職員、⼀般 (参加費無料・事前登録制)
【使用言語】日本語・英語(日英同時通訳あり) 【開催方式】ハイブリッド開催
①オンライン(Zoom Webinar)・②徽音堂での現地開催(本学関係者のみ)

◇オンライン参加申し込みはこちらから 
 ※開催直前までお申し込み頂けます。お申し込みと同時に当日使用するウェビナーURLが自動送信されます。
◇徽音堂での現地参加申し込みはこちらから(本学関係者のみ)
 ※申し込み締切11月30日(火)午後5時

【開催趣旨】
 韓国の梨花女子大学校と日本のお茶の水女子大学は、これまで長きに渡り社会のリーダーとなる女性を多数輩出し、韓国と日本のそれぞれで女子教育の中心的存在として重要な役割を担ってきました。
 両大学が誇りある伝統とともにより強いつながりを持ってこれからの道を共に歩むことは、私たちの前に立ち塞がる現代のあらゆる困難に立ち向かうための大きな力となります。女子高等教育の更なる発展へと向かう歩みの一歩として、梨花女子大学校とお茶の水女子大学、それぞれの総長・学長が女子高等教育のビジョンと戦略、そして課題について共に考えます。

プログラム

Time

Program

Speaker

15:00-15:05

開会の辞

石井クンツ昌子 理事・副学長(お茶の水女子大学)

15:05-15:25 

総長・学長及び大学の紹介

小林誠 所長(グローバルリーダーシップ研究所、お茶の水女子大学)

15:25-16:15

総長・学長講演

金恩美 総長(梨花女子大学校)

佐々木泰子 学長(お茶の水女子大学)

16:15-16:30

学生からの質問とコメント

お茶の水女子大学及び梨花女子大学校の学生

16:30-16:45

総長・学長からの返答

金恩美 総長(梨花女子大学校)

佐々木泰子 学長(お茶の水女子大学)

16:45-17:00

女性リーダーからのメッセージ

キャシー松井氏 ゼネラル・パートナー(MPower Partners)

17:00-17:10

総長・学長による総括

金恩美 総長(梨花女子大学校)

佐々木泰子 学長(お茶の水女子大学)

17:10-17:15

閉会の辞

趙成南 教授(お茶の水女子大学特別招聘教授、梨花女子大学校名誉教授)

登壇者略歴

■金 恩美 梨花女子大学校総長

梨花女子大学校(韓国)を卒業後、ブラウン大学(米国)で社会学修士号、社会学博士号を取得。梨花女子大学校大学院国際学研究科教授、同大女子及び女性のための国際保健研究所所長を兼任。梨花女子大学大学院国際学研究科長、同大学院長、同大開発及び人間の安全保障研究所所長を経て、2021年3月から現職。

■佐々木 泰子 国立大学法人お茶の水女子大学長

お茶の水女子大学文教育学部文学科国文学国語学卒業。同大学院人文科学研究科日本文学専攻及び同大学院人文科学研究科日本言語文化専攻修了。専門は社会言語学、日本語教育。お茶の水女子大学助手、助教授、教授、国際教育センター長、附属小学校長、理事・副学長を経て2021 年4 月より現職。

■キャシー松井 ゼネラル・パートナー MPower Partners

ゴールドマン・サックス証券株式会社、元日本副会長およびチーフ日本株ストラテジスト。1999年に提唱した「ウーマノミクス」の概念はその後広く世界に浸透し、日本政府も女性活躍推進を経済成長戦略として打ち上げるに至った。多様性、コーポレートガバナンスと持続可能性を経済合理性の観点から分析し、多くの企業や投資家に影響を与えている。2020年に『女性社員の育て方、教えます』を出版。ハーバード大学卒業、ジョンズホプキンス大学大学院修了。

関連ファイル / Related Files

» 20211201学長カンファレンスポスター(PDF形式 7,385キロバイト)

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き、お茶の水女子大学のサイトを離れます)が必要です。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加