部門概要 組織・プロジェクト シンポジウム コンソーシアム 公開講演会 刊行物

ページの本文です。

第12回国際日本学コンソーシアム

2017年11月18日更新

第12回国際日本学コンソーシアム―壁をこえる―

開催概要

国際日本学コンソーシアムは、世界の日本学研究の拠点である大学から教員および大学院生を迎えて、国際的・学際的なジョイントゼミを行い、日本学研究および教育の世界的ネットワークを構築するものです。このコンソーシアムの開催により21 世紀における日本学研究・教育の国際的連携が一層進展し、緊密な協力関係が樹立されるものと確信しています。第12回となる今回は「壁をこえる」をテーマに据え、新たな日本学の確立を目指します。

日時 平成29(2017)年12月11日(月曜日) 11時―17時55分(交流会 11日 18時―20時)、12月12日(火曜日) 10時―18時
会場
〒112-8610 東京都文京区大塚2丁目1番1号
お茶の水女子大学 文教育学部1号館1階第1会議室/本館1階103室(生活科学部会議室)/大学食堂マルシェ
※東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅下車 徒歩5分

交通アクセス 

キャンパスマップ

参加校 北京外国語大学(北京日本学研究センター、中国)、ロンドン大学東洋・アフリカ研究学院(イギリス)、フランス国立東洋言語文化大学(フランス)、パリ・ディドロ大学(フランス)、国立台湾大学(台湾)、カレル大学(チェコ)、高麗大学校(韓国)、同徳女子大学校(韓国)、ハワイ大学(アメリカ)、名古屋大学(日本)、一橋大学(日本)、お茶の水女子大学(日本)
主催 お茶の水女子大学グローバルリーダーシップ研究所比較日本学教育研究部門
お問い合わせ

グローバルリーダーシップ研究所比較日本学教育研究部門(火曜13時―15時、水曜10時―17時開室)

TEL/FAX 03-5978-5504

ccjs■cc.ocha.ac.jp  ■を@に置き換えて下さい

12月11日(月曜日) 文教育学部1号館第1会議室

開会式

11時―12時

≪挨拶≫古瀬奈津子(本学・グローバルリーダーシップ研究所比較日本学教育研究部門長)

日本文学部会

13時―17時30分

≪挨拶≫佐々木泰子(本学・副学長)

司会 羅小如 (本学院生)

包祐寧 (国立台湾大学院生)

「『雨月物語』「夢応の鯉魚」における鯉魚の放生について」
胡潁芝 (本学院生)

「漱石文学における「縹緲」―『虞美人草』の「縹緲のあなた」について」
林京華 (国立台湾大学院生) 

「『門』小論-宗助に見る他者性の揺れ」
ユルコヴィッチ・トマーシュ(カレル大学院生)

「過去という壁を越えた村上春樹の小説の主人公」
杉江扶美子 (パリ・ディドロ大学院生)

「向こうからの声たちと小説を越えて ―いとうせいこう『想像ラジオ』と木村友祐『イサの氾濫』において」
金学淳 (
高麗大学校民族文化研究院)

「日韓の貸本文化-読者と広告を中心に-」
ティララ・マルティン (カレル大学)

「落窪の君が壁を越えた時」
朱秋而 (国立台湾大学)

「江戸後期の関東詩壇―市河寛斎を中心に―」
范淑文 (国立台湾大学)

「真杉静枝文学に語られる「壁」――「烏秋」、「母の傑作」の主人公たち」

交流会

18時―20時

大学食堂マルシェにて

ふるってご参加ください

12月12日(火曜日) 日本文化部会:本館1階103室(生活科学部会議室) / 日本語学・日本語教育学部会:文教育学部1号館第1会議室

日本文化部会

(思想・民俗・文化・歴史)

10時―15時10分

午前の部 (10時 ~ 12時15分)

司会 馬場貴和子 (本学院生)

清水真裕 (本学院生)

「貝原益軒における「楽」の領域」
董航 (本学院生)

「浅井了意の唱導に対する再考察」
平木しおり (ロンドン大学SOAS院生)

「徳川綱吉の御成と美術」

馬場幸栄 (一橋大学)

「知られざる科学史のヒロイン:国際緯度観測事業を支えた岩手の少女たち」

午後の部 (13時05分 ~ 15時20分)

司会 古内絵里子 (本学リサーチフェロー)
潘蕾 (北京外国語大学北京日本学研究センター)

「古代日本の大兄に関する一考察」
劉玥揚(北京外国語大学北京日本学研究センター)

「明治天皇のイメージに関する一考察:ドナルドキーン『明治天皇』を中心に」
小沼イザベル (フランス国立東洋言語文化大学)

「優生思想の法と歴史―学際的アプローチからみえてくるもの」
周維宏 (北京外国語大学北京日本学研究センター)

「文化近代化の含意および測定について」

日本語学・日本語教育学部会

12時30分―17時00分

日本語学部会

司会 田嶋明日香 (本学院生)
宇野和 (本学院生)

「Twitterにみるオノマトペに後接する接尾辞ミの機能」
李恩兆 (高麗大学校院生)

「日韓外国語の定着形態に関する比較研究」

永澤済 (名古屋大学国際機構国際言語センター 講師)

「壁をこえた法律家たち―近代口語化の実践―」
金曘泳 (同徳女子大学)

「日本と韓国の若者言葉」

日本語教育学部会

司会 洪春子 (本学院生)

伊藤聖子 (本学院生)

「助詞「は」の習得 ―主題化の発達過程を探る―」

チェン・ユンチュアン (ハワイ大学院生)

「The L2 acquisition of Japanese relative clauses by Chinese-speaking learners(中国語母語話者による日本語の関係節の習得について )」

福田伸一郎 (ハワイ大学)

「​Quantifying Japanese speakers' intuitions about Japanese sentences: beyond individual judgments(日本語話者の直感の数量化から何が学べるか:個々の直感の壁を超えて)」

全体会

17時00分―17時30分

関連ファイル / Related Files

» ティララ・マルティン「落窪の君が壁を越えた時」要旨(PDF形式 159キロバイト)

» ユルコヴィチ・トマーシュ「過去という壁を越えた村上春樹の小説の主人公」要旨(PDF形式 127キロバイト)

» 金学淳「日韓の貸本文化―読者と広告を中心に―」要旨(PDF形式 161キロバイト)

» 胡潁芝「漱石文学における「縹緲」―『虞美人草』の「縹緲のあなた」について―」要旨(PDF形式 108キロバイト)

» 杉江扶美子「向こうからの声たちと小説をこえて―いとうせいこう『想像ラジオ』と木村友祐『イサの氾濫』において」要旨(PDF形式 140キロバイト)

» 包祐寧「『雨月物語』「夢応の鯉魚」における鯉魚の放生について」要旨(PDF形式 126キロバイト)

» 林京華「『門』小論―宗助に見る他者性の揺れ―」要旨(PDF形式 155キロバイト)

» 朱秋而「江戸後期の関東詩壇ー市河寛斎を中心にー」要旨(PDF形式 126キロバイト)

» 范淑文「真杉静枝文学に語られる「壁」――「烏秋」、「母の傑作」の主人公たち」要旨(PDF形式 119キロバイト)

» 周維宏「文化近代化の含意と測定指標について」要旨(PDF形式 174キロバイト)

» 清水真裕「貝原益軒における「楽」の領域」要旨(PDF形式 129キロバイト)

» 董航「浅井了意の唱導に対する再考察」要旨(PDF形式 158キロバイト)

» 平木しおり「徳川綱吉の御成と美術」要旨(PDF形式 140キロバイト)

» 馬場幸栄「知られざる科学史のヒロイン:国際緯度観測事業を支えた岩手の少女たち」要旨(PDF形式 138キロバイト)

» 劉玥揚「明治天皇のイメージに関する一考察:ドナルド・キーン『明治天皇』を中心に」要旨(PDF形式 222キロバイト)

» 潘蕾「古代日本の「大兄」に関する一考察」要旨(PDF形式 108キロバイト)

» 小沼イザベル「優生思想の法と歴史―学際的アプローチからみえてくるもの」要旨(PDF形式 150キロバイト)

» チェン・ユンチュアン「中国語母語話者による日本語の関係節の習得について」要旨(PDF形式 173キロバイト)

» 伊藤聖子「助詞「は」の習得―主題化の発達過程を探る―」要旨(PDF形式 124キロバイト)

» 宇野和「Twitterにみるオノマトペに後接する接尾辞ミの機能」要旨(PDF形式 115キロバイト)

» 永澤済「壁をこえた法律家たち―近代口語化の実践―」要旨(PDF形式 180キロバイト)

» 金曘泳「日本と韓国の若者言葉」要旨(PDF形式 357キロバイト)

» 福田伸一郎「日本語話者の直感の数量化から何が学べるか:個々の直感の壁を超えて」要旨(PDF形式 79キロバイト)

» 李恩兆「日韓外国語の定着形態に関する比較研究」要旨(PDF形式 143キロバイト)

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き、お茶の水女子大学のサイトを離れます)が必要です。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter