研究所紹介リーダーシップ教育研究ダイバーシティ推進比較日本学教育研究イベント刊行物研究所へお問合せ

ページの本文です。

公開連続講演会「リーダーシップ論」最終回「少子高齢社会における女性リーダーとリベラルアーツ」を開催

2018年6月8日更新

公開連続講演会「リーダーシップ論」最終回「少子高齢社会における女性リーダーとリベラルアーツ」を開催いたします。

10年目の節目を迎える「リーダーシップ論」。
最終回となる今回、基調講演の講師にお迎えするのは、本学で家族社会学という学問に出会い、社会階層と不平等、格差など、現代社会の諸問題に対して優れた実証研究や提言を重ねてこられた社会学者の白波瀬佐和子氏です。
今回のご講演では、ご自身のキャリア形成や少子高齢社会における女性の活躍をめぐる課題、リーダーシップを発揮する上で鍵となるリベラルアーツの現代的意味についてお話しいただきます。
続いて、歴代の「リーダーシップ論」講師― 山口一男氏、北村節子氏、 野村浩子氏―をパネリストに、今、そして、これから求められる〈グローバル女性リーダー〉像について討議します。

 日時:2018年8月4日(土)14:00~17:00 (13:30受付開始)
 会場:お茶の水女子大学共通講義棟2号館201室
 定員:200名(先着順、参加費無料、要申込み)
 託児:15名(先着順、7月26日正午締切 ※但し、定員になり次第締め切ります)

基調講演講師:白波瀬佐和子氏(東京大学教授)
パネリスト:山口一男氏(シカゴ大学ラルフ・ルイス記念特別社会学教授、経済産業研究所客員研究員)
       北村節子氏(元読売新聞主任研究員、高エネルギー加速器研究機構監事)
       野村浩子氏(ジャーナリスト、淑徳大学教授)

協力:独立行政法人経済産業研究所、お茶の水女子大学附属図書館

申込みはこちら  (新しいウインドウが開きます)

※登壇者の著書が本学生協購買書籍部に入荷しました。「リーダーシップ論」最終回の特設コーナーに配架されています。
※附属図書館でこれまでの「リーダーシップ論」の講演録と今回の登壇者の著書を学生アシスタント(LiSA)のポップと一緒に8月7日まで展示しています。是非ご覧ください。

関連ファイル / Related Files

» 20180804leadership(PDF形式 991キロバイト)

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き、お茶の水女子大学のサイトを離れます)が必要です。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter