研究所紹介リーダーシップ教育研究ダイバーシティ推進比較日本学教育研究イベント刊行物研究所へお問合せ

ページの本文です。

【講演会開催のお知らせ】A Life of Pain and Pleasure(オックスフォード マートンカレッジ学長講演)

2019年12月23日更新

グローバルリーダーシップ研究所セミナー

「A Life of Pain and Pleasure」  (同時通訳あり)

この度、英国オックスフォード大学マートンカレッジの学長Irene Tracey氏をお招きして標記講演会を開催します。 

vassar flyer
PDFはこちら)

英国のオックスフォード大学は世界の大学ランキングで連続して1位に選ばれており、ハーバード大学、ケンブリッジ大学、スタンフォード大学などと並ぶ世界有数の名門大学です。オックスフォード大学には30以上の異なるカレッジ(アカデミック・コミュニティ)が存在しており、中でもマートン・カレッジは世界の王室・皇室関係者の留学先として選ばれる由緒あるカレッジとして知られています。今回本学でご講演頂くIrene Tracey博士は神経科学者であり、マートン・カレッジの第51代目にして2人目の女性学長です。

ご講演では、ニューロイメージングと呼ばれる神経の可視化技術を用いると人間の痛みの知覚はどのように理解することができるのか「痛みの科学」についてお話頂きます。またリーダーシップに係るご自身の経験についてもご講演頂く予定です。

 今回、本学の学生との交流を目的に質疑の時間が長めに設定されています。ご研究についてはもちろんのこと、キャリアと家庭生活を両立されてきたご自身の経験をふまえてワーク・ライフ・バランスについても、Tracey学長は皆さんとの充実した対話を期待されています。

本学にとっても大変名誉な機会ですので、理系文系の枠を超えて多くの学生がTracey学長のご講演に参加できることを願っています。
奮ってご参加下さい。

【日 時】2020年1月24日(金)15:15~16:15 (14:45開場)
【場 所】お茶の水女子大学 国際交流留学生プラザ 多目的ホール(2階)
【スピーカー】Irene Tracey先生(英国オックスフォード大学マートンカレッジ学長)
【使用言語】英語・日本語(同時通訳つき)
【対 象】本学学部生・大学院生・教職員 (事前申込要)
【申込】 https://crdeg.cf.ocha.ac.jp/ocha2/Leadership/igl_Merton(新しいウインドウが開きます) 
申込締切:2020年1月20日(月)


Irene Tracey氏略歴:オックスフォード大学マートンカレッジ卒業。同校の生化学分野で修士号と博士号を取得。ハーバード・メディカルスクールの博士研究員を経て、1998年にFMRIBセンター(Oxford Centre for Functional MRI of the Brain)を共同設立する。2005年にFMRIBセンター長および疼痛研究領域の教授に就任。2015年にFMRIBセンター長の任を降りるまでに、英国医学評議会の副議長、医学アカデミーフェロー、オックスフォード大学医学部長等を兼任。2016年にはオックスフォード大学の臨床神経科学科(Nuffield Department of Clinical Neurosciences)の責任者に就任すると共に、同年政府より英国医学評議会の評議員に任命された。2019年10月よりオックスフォード大学マートンカレッジの第51代にして女性2人目の学長に就任。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter