研究所紹介リーダーシップ教育研究ダイバーシティ推進イベント刊行物研究所へお問合せ

ページの本文です。

特別研究員制度

2023年10月17日更新

みがかずば研究員

女性研究者のための研究継続奨励型「特別研究員制度」
(呼称「みがかずば研究員制度」)の創設

本学では2012(平成24)年度より、我が国の学術研究の将来を担う創造性に富んだ女性研究者の養成・確保に資するため本学独自の特別研究員(呼称:みがかずば研究員)制度を導入しました。
すぐれた女性研究者の継続的な研究活動を支援するともに、女性研究者が研究中断後に円滑に研究現場に復帰する機会を提供します。

公募・求人情報はこちら(新しいウインドウが開きます)

みがかずば研究員 採択後の進路

みがかずば研究員採択年度 2022年度
(令和4)
2021年度
(令和3)
2020年度
(令和2)
2019年度
(令和元)
2018年度
(平成30)
採用人数 12 7 13 13 11
みがかずば研究員(継続) 2 5 2 3 6
任期の
定めの
ない
ポスト
国公立
大学
教授
准教授 1
講師
助教
その他
私立
大学
教授
准教授 1
講師
助教 1
その他
その他 1(講師)
任期の
定めの
ある
ポスト
国立大学 1(講師) 1(講師) 1(講師)
1(助教)
1(助教)
私立大学 1(講師) 1(准教授)
1(講師)
2(講師)
研究員 1 1(PD) 1
1(RPD)
その他 1(RF) 1(RF) 2(RF)
1(AF)
1(RF)
その他 6 1 5 2

RF:リサーチフェロー
AF:アソシエイトフェロー

これまでのみがかずば研究員 採択後の進路

2023(令和5)年度 みがかずば研究員

三浦 尚子
専門分野 人文地理学、精神保健福祉
研究内容

キーワード:コミュニティケア、精神医療、障がい、入管行政、収容所

私は精神科病院の長期在院者や入管収容所に長期収容された外国人など、特定の空間で社会から隔絶され不可視化された身体をもつ者たちへ向かう力の作用と、当事者の主観や主体性の構築過程との関係に関心があります。加えて、私は精神保健福祉士でもあり、フィールドワークで築いたネットワークを生かして現在当事者やサポーターとともに「すべての人が零れ落ちることのない」かつ「柔軟性の高い」コミュニティケアの体制が構築できるよう、日々検討中です。

中川 さやか
専門分野 進化生態学
研究内容

キーワード:キク科、種内多型、花形態、生活史

生物種内の形態的・遺伝的多様性に興味をもち、これらをもたらすメカニズムを明らかにするために研究を行っています。特に、キク科植物ヤマジノギク種群と近縁種カワラノギクの花の形や生活史(寿命・繁殖回数)に着目しています。自生地での生態学的調査を行なっています。また、ヤマジノギク種群・カワラノギクの集団遺伝学的解析を行ない、国内での多様化プロセスの解明を試みています。

髙橋 節子
専門分野 環境心理学、建築学
研究内容

キーワード:物理的環境、相互交渉、発達

私の研究の関心は、人と物理的環境の相互交渉にあります。特に、人と物理的環境が関わることで、物理的環境が人にどのような影響を与えるのか、人の発達をどのように支えるのかに関心を持っています。
現在は、子どものいる既婚女性が自分固有の物理的空間(プライベート空間)を持つことが、彼女らの自立、well-being、自己実現をいかに支えるのかを明らかにすることを目的に、研究をしています。

内藤 章江
専門分野 被服心理学、被服意匠・色彩学
研究内容

キーワード: 被服心理学、被服意匠・色彩学、学校制服、心理的影響、服育

どのような人が、どのような場所で、どのような服を着ると、どのようなイメージが形成され、着用者や周囲の人々にどのような心理的・生理的影響を与えるのか、被服心理学、被服意匠・色彩学の側面から研究しています。現在は学校制服が着用者やその周囲に及ぼす心理的影響を明らかにし、服育(衣服を通して豊かな心を育てる教育)に応用する方法を検討しています。

児島 春奈
専門分野 日本近代文学、比較文学
研究内容

キーワード:永井荷風、Originalité、「流行」、ジャポニスム、風景描写

1900年から30年代の荷風文学について、 Originalitéの生成という視点から研究しています。「流行」の消費社会的側面に着目した荷風が、自らの作品においてジャポニスムや郊外等の「流行」を問い直す様相を明らかにし、日本近代文学と欧米の言語文化の関係について再考する試みを行っています。また、同時代の他の文学者と荷風の「流行」への対峙法の違いについて、風景描写や翻訳法等に着目しながら研究を進めています。

中村 美和子
専門分野 教育文化史、児童文化史
研究内容

キーワード:ラジオ、子ども、童話、戦争協力、教育

日本のラジオ初期(1925–1945)の子ども番組について調べています。これまでは放送童話に着目し、国民形成の要素と戦争協力の表現をみてきました。現在は、子ども番組普及のための広報・宣伝活動と戦争協力のかかわりから、ラジオにおける子ども番組の位置づけを検討しています。耳にしたことばに子どもの内面が影響を受けることを考え、大人が子どもに語りかけることの意味に深い関心を寄せています。

藤澤 綾乃
専門分野 古代ローマ史
研究内容

キーワード:古代ローマ、古代末期、ローマ考古学

古代地中海世界は様々な文化・人が行き交う社会であり、なかでも東地中海地域は、ヘレニズム・ローマ文化だけでなく、ペルシアや後にイスラームの影響を受けて宗教的多元社会が形成されていきました。私の研究目的は、ローマ時代からイスラーム時代における当該地域の宗教的多様性について文献史料と考古資料の双方を使って探り出すことです。とくに、都市部と村落部の宗教変遷の差異や女性の宗教活動について関心があります。

これまでのみがかずば研究員

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加