教育拠点 実習等予定表 利用と材料提供 年報 活動紹介

ページの本文です。

“海と日本PROJECT”イベントとしてのウニなどの海洋教材提供(令和4年度秋)


お茶の水女子大学湾岸生物教育研究所では、小学校・中学校・高等学校などへ海洋教育のための“生(なま)”の素材を提供しています。2021年度(令和3年度)よりこの教材提供を、日本財団「海と日本PROJECT」の「海を学ぶ」イベントとして行っています。ウニ教材については学校授業への教材支援と一般を対象にした体験イベントとを同時に開催しています。ウニの発生実験が、海について考え、海を自分ごととして捉えるきっかけとなることを期待しています。 オンライン報告会や教材を用いて「海を表現する」イベントも開催し、学んだことを他の人に伝える機会も提供しています。教材を利用した各人が内陸・沿岸問わず海洋教育活動に参画できるようになることを目指しています。

お茶の水女子大学(サイエンス&エデュケーション研究所と湾岸生物教育研究所)で推進している「海と日本PROJECT」の各イベントに関しましては、こちらの専用サイトも合わせてご覧ください。
「内陸地域における海洋教育の実践と担い手養成(海と日本2022)」(新しいウインドウが開きます)

2022年度(令和4年度) 「海と日本PROJECT」イベント開催予定

2022年度イベントカレンダー(秋以降の日程は仮のものです。)
日程 イベント 提供する教材 備考
6月21日、
7月5日、19日
全国一斉ウニの発生体験2022年夏 タコノマクラ 未受精卵・精子
動植プランクトン
オンラインで相談会、報告会、表現コンテストを開催
10月11日、25日、
11月8日、22日
全国一斉ウニの発生体験2022年秋 キタムラサキウニ/アカウニ 未受精卵・精子
動植プランクトン
オンラインで相談会、報告会、表現コンテストを開催
1月24日、31日、
2月7日、14日
全国一斉ウニの発生体験2022年度冬 バフンウニ 未受精卵・精子
動植プランクトン
オンラインで相談会、報告会、表現コンテストを開催
通年 ツチクジラを通して海を学ぶ(※) ツチクジラの骨格標本などの貸し出し 準備中
通年 海洋プラスチックごみ 海岸に漂着した各種プラスチックごみ 随時受付
冬休み 冬休みの教員研修会 冬のウニ教材のサンプル 対面/オンライン

※:地元企業「外房捕鯨(がいぼうほげい)」の協力により、ツチクジラに関する教材を開発しています。

「海と日本PROJECT」 全国一斉ウニの発生体験

ウニの未受精卵・精子

発生の実験材料として、成体のウニではなく、卵と精子を送付しますので、経験の無い方でも簡単に実習を行うことができます。 授業以外でのご利用、学校以外の団体や個人(一般)からの申込みも提供数の範囲内で受け付けます。学校用と一般用とで提供日や書式が一部異なりますのでご注意ください。
基本的には各発送翌日午前中の配達ですが、東北の一部と四国・中国地方は翌日午後、北海道・九州地方は翌々日の到着になりますことをご了承ください。

教材の使用方法を学ぶための各種研修会もあります。「教員研修」の項目をご参照の上、ご利用ください。

※ 卵の栄養だけで初期プルテウス幼生までは育ちますが、その後も継続して幼生を育てたい場合には餌やりが必要になります。幼生飼育教材である「植物プランクトンと動物プランクトン」 の提供も行いますので、下記を参照し、そちらも合わせて申し込んでください。

全国一斉ウニの発生体験 2022年秋(キタムラサキウニ/アカウニ)

①10月11日、②10月25日、③11月8日、④11月22日、発送(到着は翌日の午前中)の4回の一斉送付を予定しています。
それぞれの定員は
日程①と③は学校20校
日程②と④は学校10校、一般10件 です。
関連するオンライン会のスケジュールなどに関しては以下の告知チラシをご参照ください。
説明書・チラシ(pdf)はクリックすると別ウィンドウで開き、申込書や報告書(エクセルファイル)はクリックでダウンロードされます。

2022年秋告知チラシ(学校用)2022年秋告知チラシ(一般用)
説明書申込書(学校用)申込書(一般用)報告書

日程④はお届け日が11月23日(休日)となるのでご注意ください。
提供する卵精子は日程①②がキタムラサキウニ、日程③④がアカウニの予定ですが、生物の状態によっては変更になる場合があります。

*申込受付時にメール返信します。3日以内に受付確認メールが来ない場合はお手数ですがお問い合わせください。申込・問合せ先については下記「申込・問合せ」を参照してください。
*定員に達した場合には締切り前でも受付できない場合がありますのでご了承ください。

バフンウニ (2023年1月後半から2月)

2023年1月24日、31日、2月7日、14日の発送(到着は翌日)を予定しています。
※日程は仮のものです。ウニの成熟度等で変更になる可能性があります。

タコノマクラ(2022年6月から7月)

6月21日、7月5日、 7月19日に発送を行いました。

2022夏告知チラシ(学校用)(新しいウインドウが開きます), 2022夏告知チラシ(一般用)(新しいウインドウが開きます)
2022夏説明書2022夏申込書(学校用)2022夏申込書(一般用)報告書

植物プランクトンと動物プランクトン

珪藻(植物プランクトン)を培養し、それを餌にウニの幼生(動物プランクトン)を育てます。貸与器具(飼育装置)と消耗品(培地の素や珪藻の種)のセットです。消耗品のみの申込も可能です。

卵や精子を申し込まれる際に一緒に申し込んでください。 用意した器具が無くなり次第終了とさせていただきますのでご了承ください。
説明書申込書(学校)申込書(秋用一般)報告書

海藻と”藻”食動物

海藻類の培養と、それを使ったウニの飼育を行います。
「動物プランクトンと植物プランクトン」の教材利用でウニの変態まで到達し、変態後の稚ウニを引き続いて飼育される場合にご案内します。 こちらの教材のみの提供も可能ですのでお問い合わせください。稚ウニ飼育に関してはまだマニュアル等が整備されていませんので、この教材を利用された方達と共に作り上げていく予定です。

考資料

過去に冬のバフンウニ教材を利用して実際に行われた授業の指導案と授業プリント例を掲載します。ご活用ください。

今までに寄せられたウニ教材(卵精子、幼生飼育)についての質問や事例をまとめました。

海洋プラスチックごみ

近年、海洋のプラスチックごみによる汚染が問題となっています。この問題を身近に感じられるよう、実際に海岸に漂着したペットボトルやマイクロプラスチックなどのプラごみを教材として提供します。以下の参考サイトのスライド教材と組み合わせるなどして環境教育にお役立てください。
説明書申込書報告書

参考:環境省_海洋ごみ教材(小中学生用・高校生用)(新しいウインドウが開きます)

教員研修

各地での研修

提供するウニなどの教材の使用方法やその応用例を、湾岸生物教育研究所の教員が全国各地の学校へ出向いて紹介します(費用はこちらで負担します)。海から離れた地域での開催を特に歓迎しますが、それ以外の場所でも可能です。複数の学校合同でも、学校単位でも構いませんので、お申込みください。各地での研修会用に教材をカスタマイズして提供することも可能ですのでお問い合わせください。

館山日帰り(一泊)研修

先生方の都合に合わせて湾岸生物教育研究所にお越しいただいての研修も歓迎します(日帰り、一泊どちらでも)。日程や内容など、相談に応じてアレンジしますのでお問い合わせください。予算の範囲内で旅費なども用意できます。

館山での宿泊研修

冬のウニ卵・精子提供事業の事前研修その他の研修会を行います。対面での研修(一部オンライン研修同時開催)を予定しています。 

申込・問合せ

このページに申込書のダウンロードがあるものは、必要箇所を記入の上、締切日までにメールにてお申し込みください(wangan@cc.ocha.ac.jp)。申込書のないものは、同じメールアドレスにお問い合わせください。ダウンロードの不具合についてもご連絡ください。

報告書等の提出について

取組みが終了したら、以下のものを送付してください。

・ 報告書(申込み時に指定のある場合。取り組みの前に内容を確認してください。)
・ 取り組みの様子がわかる写真(授業風景など)
・ 学習指導案、配布プリント等

報告書・写真等は、関連のシンポジウムや報告書等で使用させて頂くことがあります。