研究所紹介リーダーシップ教育研究ダイバーシティ推進比較日本学教育研究イベント刊行物研究所へお問合せ

ページの本文です。

エッセイコンテスト 「Ocha-IGL Award 2020」 の募集について

2021年1月12日更新

※応募期間が延長されました。

エッセイコンテスト 「Ocha-IGL Award 2020」

グローバルリーダーシップ研究所では IGL 主催セミナー・シンポジウムに参加した本学学生を対象 として下記のとおり英語でのエッセイコンテストを実施いたします。

趣旨:本企画では、下表の IGL 主催オンラインセミナー・シンポジウムに参加した本学学生からエッ セイを募ります。エッセイでは、「IGL セミナーにおいてリーダーシップ/リーダーについてどのよ うな学びが得られたか、その学びを今後どのように活かしていきたいか」について、英語でまとめる ことをとおして、リーダーシップ/リーダーについての理解を深めることを目的とします。 なお、優秀作品には、ポイス教授からのご厚意により、副賞が授与されます。

催日 タイトル 登壇者

7 月 31 日
(金)

IGL
セミナー
「インドネシアにおける女性リーダー シップ:リーダーとしてのアイデンテ ィティ形成の観点から」

コリーナ ・リアントプトラ

インドネシア大学准教授

11 月 18 日
(水)
IGL
セミナー
“Women Leaders in Asia and America” クラウディア ・ポイス
ミュンヘン工科大学教授

12 月 4 日
(金)

学生企画

シンポジウム

「日本とイタリアの学生が考える教育 とジェンダー〜COVID-19 によって 炙り出された身近な問題とは〜」

お茶の水女子大学

「グロ ーバルリーダシップ
実習 II」履修生

12 月 19 日
(土)
IGL
国際
シンポジウム
「女性リーダーが SDGs に向けて果 たす役割 ―アジアの市民社会と国際 教育から」

チャニタ・ラックポラム アン 
サイアム大学副学長

ウィーナ・へラ
フィリピン大学セブ校副総長
・同校准教授

小林誠
お茶の水女子大学教授

趙成南
梨花女子大学校名誉教授

応募について

  • 応募資格:上記 2020 年度 IGL セミナー、シンポジウムに参加した本学学生(学部生・大学院生)
  • 応募要領:
     ・所定様式にて作成の上、提出してください。所定の様式は、こちらからダウンロード(Word)できます。
     ・オリジナル原稿で長さは英語で 500~700 words とします。Word 数には、タイトル、学部・学科・専攻 等、学年、氏名及びお茶大メールアドレス、引用元の情報は含みません。
     ・MS Word などのワープロソフトで作成することを原則とします。
     ・図表の使用は認めません。また盗作、盗用、剽窃とならないよう注意し、引用箇所には引用符(“ ”)をつけるなどするほか、引用元の 情報も明記してください。
  • 著作権について: 応募された作品の著作権は、お茶の水女子大学に帰属します。
  • 応募方法:エッセイの原稿(Word 及び PDF)は添付ファイルとして以下メールアドレスまでご送付 ください。
    メールのタイトルは「IGL エッセイコンテスト応募」としてください。 Ocha-IGL-Award@cc.ocha.ac.jp
  • 応募期間:2020 年 12 月 22 日(火)〜2021 年 1 月 18 日(月)17:00

表彰について

  • 表 彰:
    ■最優秀賞 1名(副賞:Amazon ギフト券 1 万円分)
    ■優秀賞  2名(副賞:Amazon ギフト券 5,000 円分)
    ■特別賞   数名(副賞:Amazon ギフト券 2,000 円分)
  • 入賞者発表:2021 年 2 月 1 日(月)
  • 表彰式 :2021 年2月5日(金) 11 時 00 分〜 国際交流留学生プラザ3階セミナー室
    *Zoom 等によるオンライン参加も可能です。
    入賞者にはメールでご連絡します。

ご不明な点はグローバルリーダーシップ研究所 Ocha-IGL Award 事務局へメールにてお問い合わせく ださい。
お問合せ先: Ocha-IGL-Award@cc.ocha.ac.jp

以上

関連ファイル / Related Files

» Ocha-IGL Award応募用紙(ワード形式 23キロバイト)

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter