プロジェクトについて イベント情報 イベントレポート お問合せ

ページの本文です。

対談「大衆文化のヒーロー 歌舞伎とマンガII」

2021年6月29日更新

「伝統芸能×未来」プロジェクト Japanese Performing Arts for the Future (JPAF)
「グローバル女性リーダー育成のための国際的教育研究拠点形成」グローバルリーダーシップ研究所セミナー
Ocha Summer Program 2021 Special Lecture

対談「大衆文化のヒーロー 歌舞伎とマンガII」

注:ジェンダーセンシティブな表現に配慮し、「ヒーロー」と「ヒロイン」をあえて区別せずにジェンダーを超える包括的な表現として「ヒーロー」を使用しています。

歌舞伎とマンガ――伝統芸能とサブカルチャーという、一見相反する二つの日本文化には、様々な共通点があります。この対談は両ジャンルの親和性を、「ヒーロー」という視点から紐解くものです。
近年日本では、マンガ原作の演劇作品が数多く上演され、人気を博していますが、そうした流れは歌舞伎にも及んでいます。スーパー歌舞伎『ワンピース』(2015)と新作歌舞伎『NARUTO-ナルト-』(2018)が上演されると大きな話題を呼び、若い世代に歌舞伎を広める呼び水となりました。この上演を通じて浮かび上がった歌舞伎とマンガの親和性、両ジャンルのヒーローの造形の特色、メディアミックスの意義などを、歌舞伎とマンガ双方の視点から話し合います。

対談「大衆文化のヒーロー 歌舞伎とマンガII 」 

ゲスト講師:仲川広樹(株式会社集英社 コミック販売部部長)

聞き手:埋忠美沙(お茶の水女子大学准教授)

日時 2021年7月12日(月)18:00‐19:30(日本時間)
形式

オンライン開催(Zoom)

使用言語 日本語(日英同時通訳あり)
対象 お茶の水女子大学・附属校 学生・教職員(要事前申込)
申込締切

2021年7月7日(水)24:00

以下のURLまたはQRコードよりお申し込みください。

https://www.ocans.jp/ocha?fid=Q9fYsqsN

QR
共催

「伝統芸能×未来」プロジェクト(JPAF)

グローバルリーダーシップ研究所、サマープログラム

協力

株式会社集英社

問合せ

dentogeino@cc.ocha.ac.jp

「伝統芸能×未来」プロジェクト(JPAF)

担当 埋忠美沙(基幹研究院人文科学系 准教授)


英語でのお問い合せはocha-summer@cc.ocha.ac.jp(サマープログラム事務局)まで
お願いいたします。
グローバルリーダーシップ研究所のホームページ:
https://www.cf.ocha.ac.jp/igl/j/menu/event/d009596.html

ポスター日本語表

ポスター日本語裏
PDFはこちら(表)
PDFはこちら(裏)


OCHANOMIZU UNIVERSITY
IGL Seminar Series on Women’s Leadership in Asian Contexts
Japanese Performing Arts for the Future
Ocha Summer Program 2021 Special Lecture

“Heroes in Popular Culture: Kabuki and Manga II”

Note: In consideration of gender-sensitivity, we do not dare to distinguish between “Hero” and “Heroine," but use “Hero” as an inclusive expression that transcends gender.

Kabuki and Manga – two seemingly contradictory aspects of Japanese culture, traditional performing arts and modern subculture, have many things in common. In this discussion between our two special guests, they unravel the affinity between the two genres from the perspective of none other than “Heroes”.

In recent years, many theatrical productions based on manga have become popular in Japan, and this trend has also spread tokabuki. The performances of the Super Kabuki “ONE PIECE” (2015) and the New Kabuki“NARUTO” (2018) attracted a great deal of attention, becoming a catalyst for the spread of kabuki to the younger generation. Through this discussion, we will discover the affinity between kabuki and manga, the characteristics of the Heroes of both genres, and the significance of media mixes from perspectives of both kabuki and manga.

Date:

Monday, July 12 2021 6:00pm-7:30pm (Japan Standard Time)/ONLINE

Simultaneous interpretation available (English, Japanese)

Keynote Speaker: Mr. Koki NAKAGAWA, General Manager, Comic Sales Department, Shueisha
Moderator: Ms. Misa UMETADA, Associate Professor, Ochanomizu University

The seminar is exclusive to the students and faculty staff of Ochanomizu University and the participants of “Ocha Summer Program”.
Reservation required for the students and faculty staff of Ochanomizu University 

※NO reservation required for participants of “Ocha Summer Program”. The details of the special lecture will be announced at the orientation.

Website: https://www.cf.ocha.ac.jp/igl/j/menu/event/d009596.html
Contact: Ochanomizu University Summer Program office (ocha-summe@cc.ocha.ac.jp)
ポスター英語表
ポスター英語裏
PDF1 PDF2

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加