奨学金・授業料免除 各種証明書 学生相談 施設・学習環境 課外活動 くらしの支援 お茶大SCC

ページの本文です。

第2回自主企画『ビブリオバトル』を行いました。

2021年6月12日更新

第2回自主企画『ビブリオバトル』を行いました。

6月12日(土曜日)、自主企画委員会主催のイベント「ビブリオバトル」をオンライン上で行いました。ビブリオバトルとは、本を紹介するコミュニケーションゲームのことです。参加者が面白いと感じた本を紹介し、参加者全員でディスカッションを行います。そして、全員の本の紹介とディスカッションを終えたのち、一番読みたいと思った本を投票で決めるというゲームです。今回は本だけでなく、映像作品も含めてバトルを行いました。紹介しあった作品が、これからの退屈な梅雨の時期を楽しく過ごすための材料になればと、自主企画委員会が計画しました。

Zoomのブレイクアウトルーム機能を用いて3人のグループに分かれ、1,2年生混合で2回戦行いました。まず、1戦目はそれぞれがおすすめの本や漫画を紹介しました。有名な小説から検定試験の参考書まで、さまざまなジャンルの書籍が紹介され、白熱したバトルとなりました。お気に入りの作品を紹介する際には思わず笑顔になり、皆生き生きとしてバトルを楽しんでいました。

2戦目は、おすすめの映像作品を紹介しました。こちらも、ディズニー映画から歴史の映像資料まで、幅広いジャンルの作品が取り上げられました。これまで知らなかった作品や、見たことがなかった作品を知ることができ、大変興味深かったです。

それぞれのバトルが終了した後、グループごとに優勝作品を決定しました。バトル後、副寮長から、「読んだことのなかったバトル漫画から有名な洋画まで、よい作品がたくさんあったので、これで梅雨の時期を乗り越えられる。」との発言がありました。これから梅雨に入り、ますますおうち時間が増える時期となりますが、今回紹介しあった作品を鑑賞して、楽しく生活できればと思います。
第2回自主企画ビブリオバトル

(文責:SCC広報委員会)

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加