国際教育センターについて 留学に興味のある方へ 留学が決定した方へ

ページの本文です。

ワルシャワ大学(ポーランド)より 2020年2月

2020年6月8日更新

大学生活について

1月下旬にほとんどの授業の試験・プレゼンテーションが終わりました。私の場合,履修している授業数が多かったため,1月は毎週プレゼンがあり,最終週に試験やエッセイの提出日が重なるという事態になり,とても大変でした。しかしなんとか追試なしで全ての授業に合格することができ,ほっとしました。
春学期は2月中旬に始まりました。前期から引き続き履修しているポーランド語の授業では,さらに込み入った文法が出るようになりました。スラブ語族であるポーランド語は名詞や形容詞のが何種類にも活用し,混乱することも多いです。学部の授業では読まなくてはならない文献が多いなど,まだまだ苦労は絶えませんが,自分が興味のある分野を日本とは異なる環境で勉強できるのはとても刺激的です。

生活面について

ポーランドの冬は寒い,という印象がありましたが,今年は暖冬でした。風が強い日や夜は凍えそうになりますが,日中は東京の真冬とあまり変わらないような気がします。それでも1月に初めての雪が降った週はとても寒かったです。
生活に慣れ,余裕がでてきたところで日本で続けていた剣道をワルシャワのチームで練習させていただけることになりました。週2回ですが,武道を通じて日本に興味を持っている人たちと関わることができています。私の周りの日本人留学生も,スポーツチームに所属したり,ボランティアをしている学生が数人います。

滞在国のプチ情報

2月下旬に「脂の木曜日」という一大イベントがあります。カトリック上の節制期間に入る前に国民的お菓子であるポンチキ(揚げドーナツ)をたくさん食べるという日です。ポーランド人はこの日平均で1人3個ポンチキを食べるそうで,朝からポンチキのお店に1時間以上の行列ができます。自分は残念ながら当日は時間がなく,翌日にポンチキを食べました。日本で食べる揚げドーナツとはまた違ってとても美味しいので,ポーランドを訪れる際には是非ご賞味いただきたいです。

    photo-1 photo-1

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter