国際教育センターについて 留学に興味のある方へ 留学が決定した方へ

ページの本文です。

ブカレスト大(ルーマニア)より 2016年11月

2017年3月3日更新

1. 大学生活について

先月から授業が始まりました。留学生は受講する授業をクラスや学年に縛られず自由に取れるため、私はまず出る授業を決めるところから始めました。授業のほとんどは英語で行われますが、英語の文法の授業でルーマニア語から英語への翻訳の課題があったり、先生がちょっとした説明をルーマニア語で済ませてしまったりと、ルーマニア語を全く話せないと苦労する点もあります。しかし先生が翻訳に替わる英語のリーディング課題を出してくださったり、説明にルーマニア語をほとんど使わない先生のクラスに変更したりと、様々な対処を取ることができるため大変助かっております。また現地の学生がルーマニア語で意見を述べた時などは先生が「ルーマニア語が分からない学生がいるからもう一度英語で言って。」と英語で指示するなど、留学生への配慮が大変素晴らしくありがたいです。

ブカレスト大学にはEU加盟国からの留学生が受けることのできるルーマニア語の授業があり、私は中国からの留学生の友人とその授業を取ろうと試みたのですが、時間割やシステムの関係上取ることができませんでした。ルーマニアで働いてらっしゃる日本人の方からはルーマニア語を学びたいのだったらプライベートスクールに通うのが一番手っ取り早いと言われましたが、通うかどうかはまだ決めておりません。今のところは日本で購入した語学書を使って自分で勉強しています。

2. 大学以外の生活について

ルーマニアは色々なものが安くすごしやすいです。先日こちらで知り合った日本人の方とオーケストラのコンサートに行ったのですが料金が日本よりもずっと安く驚きました。国立美術館などでは学生は更に安くなるそうなので通いたいです。

またルーマニアには日本人があまり多くないため日本人のコミュニティの結びつきが強いです。日本では知り合うことの無いような方に色々とよくしていただき恐縮しております。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter