国際教育センターについて 留学に興味のある方へ 留学が決定した方へ

ページの本文です。

ロンドン大学東洋アフリカ学院(イギリス)より 2018年10月

2018年12月10日更新

大学生活について

SOASは他の学校に比べても、国際色が豊かです。異なる国生徒と受ける授業では、その国々の考えや常識も同時に勉強することができ、大いに勉強になっています。日本語ボランティアとして、日本語を学ぶ4年生の授業にアシスタントとして参加しているのですが、彼らは1年生の時にひらがなから始め、日本で1年間の留学を経て、4年生では安倍談話ができるまでになっており、本当に感激しました。その成果は彼らの日々の並ならぬ努力の成果だと思うので、私自身も英語学習をもっと頑張ろうと鼓舞されています。

生活面について

私が住んでいる寮はシェアハウスのような形で、7人が一つのフラットで生活しています。同じフラットにはイギリス人、イタリア人、中国人などがおり、今までに話したことのないような人々との生活から多くの刺激を得て過ごしています。共有しているキッチンで彼らと会った際、会話が盛り上がり楽しいです。先日、共有しているキッチンでイタリア人の男の子と話していた際、イタリア人が好むというエスプレッソを振舞ってもらいました。まだ留学生活が始まって1か月ですが、日々英語力を高め、多くの人と関わることができるよう、積極的に楽しみながら過ごしていきたいです。

滞在国のプチ情報

ロンドンはやはり色々な国の人がいる国際色豊かな場所です。SOASは特に留学生が多い学校なのですが、街中を歩いていても様々な国の人がいるなあと感じます。出国前は治安の悪さが心配だったのですが、こちらに来てから思ったより治安の悪さは感じません。ただ、携帯は歩行中は出さないよう気をつけています。またやはり物価は高いです。しかし野菜やフルーツなどは安く、みずみずしく美味しいので毎日食べています。信号はほとんどの人が無視しています。

 soas3 soas4

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter