国際教育センターについて 留学に興味のある方へ 留学が決定した方へ

ページの本文です。

ロンドン大学東洋アフリカ学院(イギリス)より 2018年12月

2019年2月6日更新

大学生活について

留学から半年が経過し、学校生活にも慣れ友達もでき、ロンドンという土地の理解も深まったことで、大いに充実した生活を送っております。ELASコースの学期末課題としてAcademic Essay の宿題がありましたが、Essayの書き方も留学前とは比べ物にならないほどマスターし、日々の学習が確実に力になっていると感じ嬉しく思います。履修しているHumanitiesのクラスでは、私自身の専攻の他にも、世界で問題になっていることを、様々な国籍の生徒間で議論でき、大変やりがいを感じております。

生活面について

ロンドンで至る所にあるPubに、授業終わりに行くのが日課になり、Pubは英会話の練習だけでなくイギリス文化も学べる良い場所だと思います。物価が高い分、自炊でやりくりする技術も前と比べ身につきました。

滞在国のプチ情報

イギリスと言えばAfternon Tea! ロンドンですと少し値は張りますが、イギリスの紅茶とスコーンの組み合わせは非常に美味しく、自分へのご褒美によく食べてしまっています(笑)  交通機関について、ロンドンの地下鉄は金・土曜日は24時間、ロンドンバスは毎日24時間動いているものもあり、非常に便利です!

クリスマス・お正月の過ごし方

ロンドンのクリスマスは全交通機関が使えなく、お店もすべて空いていないということで、母とチェコに行っておりました。ヨーロッパのクリスマスは家族と過ごす大切な日なのだという考えがよく伝わりました。ヨーロッパ各地で盛んであったクリスマスマーケットは非常に綺麗で魅力的でした。元日はどの国も花火が上がっているようでしたが、元日トルコにいた私は打ち上がった花火が近すぎてびっくりした面白いお正月の思い出があります(笑)

SOAS1 SOAS2 SOAS3

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter