国際教育センターについて 留学に興味のある方へ 留学が決定した方へ

ページの本文です。

ブカレスト大(ルーマニア)(1) より 2018年1月

2018年1月16日更新

1.大学生活について

2017年の授業は16日が最後でした。クリスマスは家族とどこで過ごすのかについてしきりに話している場面を目にしました。渡航から3ヶ月が経ち、大学生活に慣れて来ました。1月はレポートを一本書き上げる予定です。
授業については受講中にルーマニア人との思考回路の違いや宗教観の違いを通過する場面に遭遇しました。現在、ルーマニア人の友達がイギリスからわざわざ取り寄せてくれた「ルーマニアの歴史」を少しずつ読み進めているところです。
来学期は今学期の反省をして再度履修授業を組み直したいと思っています。

2.日常生活について

クリスマス前に国立オペラ座でバレエを鑑賞しました。日本人ダンサーも3人ほど踊っていました。
友達がクリスマスマーケットに連れて行ってくれましたが、強風で寒さが身体に堪え10分ほどで退散しました。
12月20〜31日までハンガリーに滞在しました。ハンガリー人の友人にホストしてもらい、ケチケメットという町にある彼女のご両親の家でクリスマス休暇を過ごしました。ハンガリーではクリスマスにだけ魚とガチョウを食べるそうです。友人の母親がロシア人のため、ロシアサラダを三人で作りました。クリスマスツリーの飾りを紅茶のティーバックで作ったり、クリスマスプレゼントを包んだり、テーブルクロスをクリスマス柄にしたり、ジンジャーブレッドクッキーを肩でくり抜いてデコレーションしたりと家族に温かく迎え入れてもらい、幸せな時間を過ごしました。15kmのサイクリングも経験しました。
プレゼントを用意したり親戚に挨拶に行って食事をしたりと、キッチンもリビングも忙しい時期だということがよく分かりました。

3.健康状態について

ルーマニアよりもハンガリーの方が朝晩は冷え込みましたが温かい服を貸してもらい快適に過ごすことができました。ルーマニアは寮の暖房がついてから窓を開けなければ夏の服装で過ごせます。乾燥しており寝具の乾きが良いです。
予想通り眼鏡で生活することの方が多くなりました。
意識して水分補給をする必要があると感じます。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter