国際教育センターについて 留学に興味のある方へ 留学が決定した方へ

ページの本文です。

パリ・ディドロ大(フランス)より 2016年11月

2017年3月7日更新

1、大学生活について

正規授業は相変わらずついていくのに必死です。教授とフランスの学生の優しさのおかげで、何とかついていってます。先日も、色々な人の手を借りて、ようやくコモンテールというタイプのミニレポートを仕上げました。日本語であれば何でもないようなことに、フランス語だと時間と労力がとてもかかってしまうので、当然とわかっていても、とてももどかしかったです。語学の授業は、さまざまな国の人と交流できるので、非常に楽しいです。9月の集中語学授業で仲良くなった人々とは、日本人の学生たちで企画して、日本食パーティーをしました。久しぶりにお稲荷さんを食べて、少し日本が恋しくなりました。

2.それ以外の生活

パリは、物価が基本高いのですが、野菜は日本に比べると非常に安いので、ここ最近ずっと野菜のオムレツばかり食べています。スーパーのパンのクオリティの高さによく驚いています。パン屋さんのものと同じくらい、サクサクでふわふわのバゲットを買えるのは、さすがフランスだと思いました。

学生は美術館、博物館に無料では入れるので、もう少し足しげく通おうと思っています。

3.健康面

とにかく寒いので、寝る時もコートを着て眠っています。寮で支給された寝具が、毛布のみで、

布団がなかったので、残り数か月の寒さを乗り切るために、布団を購入するか否かを検討中です。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter