国際教育センターについて 留学に興味のある方へ 留学が決定した方へ

ページの本文です。

アジア工科大学院大(タイ)より 2017年1月

2017年3月7日更新

1.授業・研究

12月は1ヶ月大学の休み期間でした。先月始めは、先生の小さなプロジェクトで北部のチェンライの山奥と東北部のシーサケットというところに調査へ行ってきました。シーサケットの調査は先生が行けずクラスメイトと2人だったのですが、慣れない調査に手こずりながら無事に終えることができました。現在は2つの調査のレポートを作成しており、来週までに提出する予定です。調査を通して普段見えないタイの姿、タイの人々の生活、考え方、生き方を目で見て体験するとことができました。このような貴重な機会をいただけたことに感謝しています。

研究に関しては、私のAITの専攻(ジェンダーと開発)卒業生が勤めているコンケーンにあるNGOを訪問させていただきました。彼女がファシリテーターを務めるセクシュアルヘルスに関するワークショップにタイ人の先生40人とともに参加させていただきました。ワークショップや彼女のプレゼンテーション、NGOの方々とお話する機会をいただき、私が疑問に思っていることや知りたいことを丁寧に教えていただきました。今学期は、修論に力を入れて調査を終えて帰国したいと思っています。

2.それ以外の生活

チェンライで友達の家に泊めてもらい自然の中でのアクティビティーを楽しみ、チェンマイではカフェ巡りをしました。年末年始はマレーシアでのんびり過ごしました。国際大学なので、学校の中にいるとあまりタイ語やタイ文化に触れることが少ないですが、今月学校以外で過ごす時間が多かったこともあり、もっとタイ語勉強して現地の人と話したいと感じました。

3.健康状況

先月の食あたりも治り現在は良好です!

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter