国際教育センターについて 留学に興味のある方へ 留学が決定した方へ

ページの本文です。

国立政治大学(台湾)より 2018年10月

2018年12月10日更新

大学生活について

履修登録は授業が始まる約一か月前からできました。私は台湾で英語と中国語の勉強をしたかったので、Intensive Mandarin CourseとEnglish Essayというクラスを登録しました。私の中国語のクラスには10人しか生徒がいないので、授業に集中しやすくていいです。英語のクラスでは、台湾人だけでなく、ほかの国籍の生徒の留学生もたくさんいるので楽しいです。図書館はとても広く、朝早くから夜遅くまでやっているので勉強の環境が整っています。書道サークルに参加したのですが、サークルの人はほとんど中国語しか話せないので、いい中国語の勉強になります。

生活面について

私が住んでいる寮はキャンパス内にあるのですが山の上にあります。山の下のキャンパスまで行くシャトルバスがあるのですが、
歩いて15分ぐらいなので毎日歩いて授業に行き、授業後も歩いて寮に帰っています。台湾のスーパーマーケットで買い物をすると
すごくお金がかかります。外食だと、一食200~300円ぐらいなので、ほぼ毎日外食です。また大学にジムがあり、半年で700NTD
(約2600円)と、とても安いので通っています。

滞在国のプチ情報

台湾のスーパーマーケットでは袋は基本有料で、台湾人はエコバックをもって買い物に行くことが多いらしいです。また、私の大学
がある台北は季節に関係なく、毎日のように雨が降るので、みんな毎日傘を持って出かけます。もう一つ驚いたのは、台湾のレスト
ランやカフェでは、お冷ではなく、とても甘い紅茶が置いてあります。私はとても甘いと思ったのですが、台湾人は、これが普通だ、と言っていました。 

ワルシャワ3  ワルシャワ4 ワルシャワ5

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter