国際教育センターについて 留学に興味のある方へ 留学が決定した方へ

ページの本文です。

ブレーメン応用科学大学(ドイツ)より 2018年10月

2018年12月10日更新

大学生活について

10月1日から授業が始まりました。もちろん登録の方法はお茶大と異なっています。授業の取り方にもルールがあり、これが複雑です。尋ねる相手によって回答が違うことも多く、翻弄されました。登録の期間も短いです。今も履修できるか問い合わせ中の授業があります。授業は英語も使ってくれると聞いていましたが、ほとんどドイツ語です。この学部には留学生が少ないです。

生活面について

先日ビザを取得しました。開館の1時間半前から並んだりとかなり大変でした。銀行口座の開設は簡単でした。物価は安定していると思いますが、日本と同じか少し高く感じます。ファストフード以外では、日本のように安く外食することはできませんが、学食は量が多くて安いです。スーパーマーケットなどではお米を買うこともできます。日本の調味料は高いですが、買うことができます。

滞在国のプチ情報

とても寒く、日本から持ってきた上着では十分温かくなかったので、上着を買い足しました。一度デモに遭遇したり、家の近くで揉め事が起きて警察沙汰になっているところに遭遇したりということはありましたが、治安は悪くないです。移動は電車よりトラムをよく使います。自転車があると尚便利だと思います。この2週間はFreimarktというお祭りで昼夜問わず賑わっています。

 ブレーメン1   パリディドロ4

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter